top_line

【クイズ】かこさとし、せなけいこ、五味太郎…さて、何の作家でしょう?

リー・H・オズワルドが報道陣に向けて叫ぶ オリヴァー・ストーン『JFK/新証言』本予告

Real Sound

『JFK/新証言 知られざる陰謀【劇場版】』©2021 Camelot Productions, Inc. All rights reserved.

 11月17日に公開されるオリヴァー・ストーン監督作『JFK/新証言 知られざる陰謀【劇場版】』の本予告が公開された。

 参考:【写真】リー・H・オズワルドのマグショット

 本作は、アメリカ歴史上で最も影響力を持った政治家の一人、ジョン・F・ケネディ大統領の衝撃的な暗殺事件を描いた映画『JFK』(1991年)を手がけたオリヴァー・ストーン監督が、事件から60年経った今、新たに解禁された証拠と調査に基づく独自の視点から暗殺事件の陰謀に迫るドキュメンタリー映画。ナレーションは、ウーピー・ゴールドバーグとドナルド・サザーランドが担当している。

 公開された本予告は、JFK暗殺事件の容疑者として挙がったリー・H・オズワルドのマグショットから始まる。「濡れ衣だ!」と囲まれた報道陣に向けて叫ぶオズワルド。JFK暗殺事件の調査委員会は、オズワルドを単独犯として発表。だが、その調査報告書から数々の疑問が浮上する。「一発の弾丸が大統領と知事を貫通したと、馬鹿げてる」と“魔法の弾丸”のでっち上げを指摘する矛盾だらけの調査、掘り起こされる証拠、どんでん返しの証言、数々の疑惑が浮かび上がる。「全人類に世代を超えて永遠に続く平和を」と想いを掲げるケネディ大統領を暗殺したのは“誰”なのか。「これが最終解答だ!」というコピーが映し出される。

 また、本作は第36回東京国際映画祭にて特別上映作品としてプレミア上映される。さらに、10月には劇場公開に先駆けてBS10 スターチャンネルにて、ストーン監督、ケヴィン・コスナー主演で暗殺事件の裏側に迫った『JFK[ディレクターズカット版]』と、その撮影の裏側や映画公開後の反響を追ったドキュメンタリー『真実のJFK』の2作品が特集放送される。

広告の後にも続きます

 なお、本作は劇場公開後、スターチャンネルで最速独占プレミア放送・配信予定。2024年春には、『JFK/新証言 知られざる陰謀【完全版】』として、約60分のエピソード4話のTVシリーズも独占プレミア放送・配信される予定だ。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル