top_line

【クイズ】「音」の記録に初めて成功した発明家は〇〇〇〇

TVアニメ「葬送のフリーレン」2クール連続を発表!初回スぺシャルのエンディングは、milet『葬送のフリーレン』劇伴作家のEvan Call作曲による特別エンディングテーマ「bliss」

WWSチャンネル

TVアニメ「葬送のフリーレン」最新キービジュアル

「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中、山田鐘人(作)とアベツカサ(画)による漫画『葬送のフリーレン』。勇者とそのパーティーによって魔王が倒されたその後の世界を舞台に、勇者と共に魔王を打倒した千年以上生きる魔法使い・フリーレンと、彼女が新たに出会う人々の旅路が描かれていく。魔王討伐後という斬新な時系列で展開する胸に刺さるドラマやセリフ、魔法や剣による戦い、思わず笑ってしまうユーモアなど、キャラクターたちが織り成す物語で、多くの読者を獲得。コミックスは累計発行部数1000万部を突破し、そして2021年には「マンガ大賞2021」大賞、「第25回手塚治虫文化賞」の新生賞を受賞するなど、漫画ファンの間で旋風を起こしている。

 そんな『葬送のフリーレン』のTVアニメが、9月29日(金)よる9時の日本テレビ系「金曜ロードショー」で初回2時間スペシャル「旅立ちの章」で放送スタート!(※一部地域を除く) 翌週10月6日からは毎週金曜よる11時、日本テレビ系30局ネットの新アニメ枠「FRIDAY ANIME NIGHT」通称『フラアニ』で放送となる。そして、『葬送のフリーレン』が来年2024年3月まで連続2クールで放送されることも決定!

【写真】TVアニメ「葬送のフリーレン」2クール連続を発表!初回スぺシャルのエンディングは、milet

この初回スぺシャルのエンディングを飾る楽曲が、miletの歌・作曲、『葬送のフリーレン』劇伴作家のEvan Call作曲による特別エンディング(ED)テーマ「bliss」!
 現在YouTubeなどで公開中の『葬送のフリーレン』本PVにも使用されている、miletによる本作のEDテーマ「Anytime Anywhere」とは違う楽曲となる「bliss」。「Anytime Anywhere」もEvan Call氏による編曲ですが、この「bliss」はEvan Call氏が作曲・編曲をし、その楽曲にmiletが歌詞を付け、歌唱するという超豪華なコラボ曲。

「bliss」についてmiletは、まずEvan Call氏による楽曲について「音や空気感から波のようなうねりと躍動感に感動しました。生きる喜びだけでなく、それに伴う痛みや苦しみまで包容されている音でした。そして曲が終わったときに漂う残り香が、物語の続きへと静かに誘ってくれるようで優しさに救いを感じました。」と語り、そして自身の作詞・作曲については「歌いながらも、私の中にある形のない愛や闇に体を沈めるように集中していました。起伏のあるメロディとオーケストレーションの音の波に乗りながら、私もフリーレンたちが生きる場所にトリップして伸び伸び歌っている気持ちになりました。」と詞と歌に込めた想いを披露した。

広告の後にも続きます

そしてEvan Call氏は、「フリーレンで作った劇伴の世界観に合わせつつ、miletさんの素敵な歌声に合う曲を作るのが最初に考えていたことです。もちろんフリーレンの物語に染まったような曲にしたいと思っていましたが、何よりmiletさんが気持ちよく歌い上げる曲にしたいと思って作りました。寂しさもあり、壮大さもあり、この作品ならではの曲にしないといけないと考えていました。」と作曲における想いを語り、そしてmiletによる詞と歌唱については「歌詞はmiletさんの歌入りのデモとセットで初めて聴いた時からものすごくフリーレンに合う歌詞だと感じました。フリーレンの内心を唄にしたみたいです。それに歌声は想像以上にはまって、心が揺さぶられました。」とコメントした。
2人による特別EDテーマ「bliss」は、初回2時間スぺシャルのために制作された映像と共に放送される。

そしてmiletによる「Anytime Anywhere」での通常ED映像は、なんとテレビでの初回2時間スペシャル放送の後、9月30日(土)午前0時から各動画配信サービスで配信される初回スペシャル本編のエピソードでお披露目!miletが「物語が終わっても皆さんの頭の中で物語が続いていくような、どんなときでも、どんなところにいても、聴いてくださる皆さんの心に寄り添えるような歌」と語る楽曲に乗せて、こちらもどんな映像が紡がれるのか、注目だ。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル