top_line

【クイズ】かこさとし、せなけいこ、五味太郎…さて、何の作家でしょう?

「近藤貞雄監督は『全部バントをしろ。そしたら5割バッターだぞ』とよく言ってましたが……」元中日-西武-千葉ロッテの名外野手・平野謙さん/著書『雨のち晴れがちょうどいい。』

週刊ベースボールONLINE

田尾さんのおかげで成功率が上がった



表紙

 現役時代、中日ドラゴンズ、西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズで活躍した外野守備の名手・平野謙さんの著書『雨のち晴れがちょうどいい。』が発売された。

 両親を早くに亡くし、姉と2人で金物店を営んでいた時代は、エッセイストの姉・内藤洋子さんが書籍にし、NHKのテレビドラマにもなっている。

 波乱万丈の現役生活を経て、引退後の指導歴は、NPBの千葉ロッテ、北海道日本ハム、中日をはじめ、社会人野球・住友金属鹿島、韓国・起亜タイガース、独立リーグ・群馬ダイヤモンドペガサスと多彩。

 そして2023年1月からは静岡県島田市のクラブチーム、山岸ロジスターズの監督になった。

 これは書籍の内容をチョイ出ししていく企画です。今回はドラゴンズ時代の送りバントの話です。



 バントは、マシンでとにかく練習しました。誰も教えてくれないから、すべて我流です。いかにボールの勢いを殺すかを考え、あとはファウルゾーンに切れやすいライン際をどう残すか、いろいろな回転を掛けながらいろいろやっていたら、途中から面白くなってきました。

 マシンだから時間を気にしなくていいし、誰にも遠慮はいりません。遊び気分があったからこそ、あれだけ長く、あきずに練習ができたのだと思います。

 バントの成功率に関しては、田尾安志さんの存在も大きかったと思います。「お前はきっちり転がすことができるから」と無茶苦茶スタートがよかった。

 時々、投手前に強いゴロになって「しまった!」と思うときがありましたが、それでも楽々セーフにしてくれました。51個のうち、田尾さんのおかげでの成功も少なからずあります。

西武時代コーチとケンカを


 近藤貞雄監督には、「送りバントの場面でも、最初から構えるとアウトになってもったいないから、1ストライク目はセーフティー気味にいけ」と言ってもらい、それが面白いように決まりました。

 あの年は走者がいないときのセーフティーバントもよく決まったので、近藤監督は僕が普通に打って凡退して帰ってくると、「全部バントをしろ。そしたら5割バッターだぞ」とよく言っていました。警戒されるから簡単ではないでしょうが、実際にやったらどうなったのでしょう。試してみても面白かったかもしれないですね。

 バントは途中からすごく楽にできるようになりました。技術の上達に加え、相手バッテリーが、「どうせバントされるんだから、警戒して球数を増やしたり、四球を出すより、最初からやらせちゃおう」になってきたからです。こうなればこっちの勝ちです。極端に球を外したり、内角を厳しく攻められたりすることも少なくなりました。

 ただ、僕のバントが定着してくると、今度は「成功して当たり前」と思われるプレッシャーが出てきます。周りは、僕が簡単にバントしていたように思っていたかもしれませんが、1球1球集中しなければできるものではありません。

 これは西武時代ですが、失敗したとき、コーチに「なんでできなかったんだ」と言われたことがあります。

 相手は年上でしたが、現役時代、バントがうまいわけでも重要視していたタイプでもなかったので、カッときて「やれなかったから仕方ないだろ。やったことないヤツに言われたくねえよ!」と言い、ケンカになったこともあります。
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル