top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ルッキズム、性的搾取の風刺に留まらない韓国ドラマ「マスクガール」、俳優陣の怪演も光る!

MOVIE WALKER PRESS

「ザ・グローリー ~輝かしき復讐~」に始まって、今夏は王道ラブコメの「キング・ザ・ランド」が世界的なヒットを記録するなど、2023年も話題作に事欠かないNetflix配信の韓国ドラマ。そして、新たに盛り上がりを見せているのが「マスクガール」だ。8月18日から配信が始まった同作は、配信2週目(8月21日~27日)にしてNetflixのグローバルトップ10のテレビ(非英語)部門で1位を獲得。韓国、日本などアジア圏だけでなく、世界中で人気を集めている。
※本記事は、ストーリーの核心に触れる記述を含みます。未見の方はご注意ください。

■ジェットコースターのようなスピードで主人公モミの人生が突き進む!
主人公のキム・モミは子供の頃から人前で踊り、拍手喝采を浴びるのが大好きでアイドルを夢見ていた。だが、容姿にコンプレックスのある彼女は平凡な会社員に。職場では女性蔑視をする男性社員たちに顔をいじられ、鬱屈した毎日を送っていたが、家に帰ると夜な夜なセクシーな衣装を身にまとい、顔を仮面で隠して、インターネットでライブ配信をする“マスクガール”に豹変。そして、熱狂的なファンもいるほどの人気配信者だった。そんなある夜、予期せぬ事件が起きたことから物語は動き始める…。

原作は近年の韓国ドラマの多くがそうであるように、同名のウェブトゥーン(ウェブ漫画)。外見至上主義に対する風刺を効かせた毒っ気の強いブラックコメディとサスペンスフルな内容で破格の人気を得た。それを、日本の小説を原作にした映画『藁にもすがる獣たち』(20)で知られるキム・ヨンフン監督が実写ドラマ化。原作をほぼ踏襲しつつ、ルッキズムのほかにも女性蔑視や性的搾取、イジメや貧困、カルト集団など様々な社会問題を盛り込んで一人の女性の壮絶な生涯を描いたエンタテインメント作だ。

全7話というコンパクトな尺だが、ブラックコメディっぽいノリで始まったと思いきや、グロテスクな描写の連続でサスペンスに転じ、ホラー、そしてすさまじい復讐劇に突入する。まさにジェットコースターのようなスピードでモミの人生が突き進んでいくだけに、怖いもの見たさでついつい目が離せなくなる。しかも、1話が「キム・モミ」、2話が「チュ・オナム」、3話が「キム・キョンジャ」…と、毎話、物語の軸になる人物が変わり、その人物の視点で物語が描かれる。テンポよく進んでいくうえに、幾重にもちりばめられた伏線が怒涛の展開を見せながら最終話までにしっかりと回収。ヨンフン監督は『藁にも~』でも予測不能な展開で韓国ノワールを描いたが、本作でも見事にその手腕を発揮。最後まで見て、まさか入口と出口がここまで違うドラマだったとは!? という気持ちになること必至だ。


■実力派から新人まで!ユニークなキャスティングが作品の原動力に
ストーリーや構成のユニークさもさることながら、モミの人生をステージごとに演じる3人の女優にも注目したい。序盤、容姿にコンプレックスを抱えるモミを、新人のイ・ハンビョル。予期せぬ事件に巻き込まれた挙句、整形しアルムと名前を変えてショーガールとして生きるモミをガールズグループ・AFTERSCHOOLのナナ、そして、刑務所に収監されて「囚人番号1047番」と呼ばれる人生に行き着くモミをベテラン女優のコ・ヒョンジョンが演じている。韓国では3人1役という設定に賛否両論あったらしいが、壮絶な人生を歩んでいくなかでのモミの心の揺れや成長を3人の女優それぞれがしっかりと演じ切り、違和感がない。

特に大きな話題を集めているのが、第1のモミを演じたイ・ハンビョルだ。1992年生まれで現在31歳の彼女は、オーディションで1000倍の競争を勝ち抜き、本作で俳優として本格的なデビューを飾った。韓国では原作ファンからもモミとのシンクロ率が高いともっぱらの評判。ヨンフン監督のインタビューによれば、「キャラクターに合う人材を求めて、俳優のマネジメント会社だけでなく、モデル事務所まで探した」と語っており、実際、原作のウェブトゥーンを見ると、驚くほど激似!? しかも、新人とは思えぬ堂々たる演技力と独特な雰囲気で、人一倍容姿コンプレックスの強いネガティブ思考のモミと、マスクを被れば、抜群のスタイルの良さで得意のダンスで魅了するポジティブ思考のモミの二面性を演じ切っている。本作で、世界デビューも果たした大型新人だけに今後が楽しみだ。

整形して美しく生まれ変わり、アルムとして第二の人生を歩むモミを演じたナナも、これ以上にないほど絶妙なキャスティングと言っていいだろう。近年はNetflixオリジナル「グリッチ -青い閃光の記憶-」(22)や、映画『告白、あるいは完璧な弁護』(22)などに出演し、俳優としての演技の幅を広げているが、もともとガールズグループ・AFTERSCHOOLのメンバーでファッションモデルとしても活躍しているだけに、役どころにぴったり。自分が完璧と思う美を手に入れて、凛とした姿のアルムことモミを演じる。またセクシーなダンスを披露するシーンでは、アイドルの片鱗ものぞかせている。

そして、刑務所で「囚人番号1047番」で呼ばれるモミを演じるコ・ヒョンジョン。実力派として様々なドラマに出演しており、「レディプレジデント~大物」(10)や「ディア・マイ・フレンズ」(16)、近年は「町の弁護士チョ・ドゥルホ-罪と罰-」(19)での冷酷な悪女ぶりでの怪演でも話題になった。本作では役作りのために髪をショートカットにし、囚人服姿で化粧っ気もなく、荒れた唇で登場。刑務所で贖罪の日々を静かに送っているという姿だが、カリスマ女優の貫禄でモミの壮絶な人生を全身で体現。終盤、クライマックスに向けて見せる鬼気迫る演技には心揺さぶられる。

また「マスクガール」の人気と共に脇を固めるキャラクターを演じた俳優も、時の人になっている。その1人が第2話のタイトルになっているモミの職場の同僚「チュ・オナム」役のアン・ジェホン。モミの職場の同僚で、演じるアン・ジェホンは青春ドラマの名作「恋のスケッチ~応答せよ1988~」(15)での愛すべきオタク、キム・ジョンボン役で知られる。ぽっちゃりとした外見で、映画『王様の事件手帖』(17)やパク・ソジュンと共演したドラマ「サム、マイウェイ~恋の一発逆転~」(17)、Netflixで配信された映画『狩りの時間』(20)など、人のいいキャラクターを得意としてきた。本作のチュ・オナムはモミ以上に容姿のせいで子供の頃からイジメに遭い、人と目を合わせることもできず、職場でも存在感がない。マスクガールの大ファンである彼はあることがきっかけで正体を知り、好意を寄せていたモミに執着していくという設定だ。アン・ジェホンは10kgも増量したうえに、メイクで髪を薄くしてまばらに見せるなど外見を徹底して作っただけでなく、豊かな妄想力を持つオナムの内面も表現。全身から漂う気味の悪さ、不快感は強烈なインパクトを残し、それまでの俳優アン・ジェホンのイメージを払拭してしまったと言っていい。

もう1人が3話のタイトルの「キム・キョンジャ」。前述したオナムの母で、モミとは衝撃的な関わりを持つことになる人物だ。演じているのはヨム・ヘラン。「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(16)でのヒロインの強欲な叔母役をはじめ、「刑務所のルールブック」(17)、「椿の花咲く頃」(19)など数々のヒット作にこの人あり!悪役もやれば、気のいいおばちゃんも演じ、「サンガプ屋台」(20)では地獄の門番・閻魔大王役で笑いを誘った。どんなキャラクターを演じても輝きを見せる名脇役だ。特に、「悪霊狩猟団:カウンターズ」(20)ではククス屋の従業員であり、悪霊を退治するカウンターズのメンバー、チュ・メオク役を熱演。治癒能力を持ち、主人公を見守る母親のようなキャラクターで、2021年の百想芸術大賞で助演女優賞を受賞している。今年は「ザ・グローリー~」でヒロインの復讐を手助けするキャラクターを務め、そして、「悪霊狩猟団~」シーズン2と本作の配信が重なったことで注目度も一気にアップした。

「マスクガール」のキム・キョンジャは女手一つで育てた息子オナムに執着する。その強い執着心がエスカレートし、誤った方向へと暴走していく。「悪霊狩猟団~」の心優しきメオクも強い母性が根底にあるのだが、同じ女優がこうも真逆な演技を見せるのかと思うと驚愕! (ちなみに、モミの母親を演じるムン・スクも「悪霊狩猟団~」で主要キャラを演じ、こちらも同一人物とは思えぬ変化ぶり)。白髪の老婆姿まで違和感なくこなしているが、ヨム・ヘランは1976年生まれ、まだ46歳なのだ。物語はすさまじく、俳優たちの渾身の演技も光る一作、ぜひ、楽しんでほしい。

文/前田かおり
 
   

ランキング(映画)

ジャンル