top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『ウィザードリィ外伝 五つの試練』10月26日から正式版へ!より洗練されたUIへの改良やWizフリークによるシナリオ追加も

Game*Spark

イード(Game*Spark Publishing)は、59 Studioの手がけるダンジョンRPG『ウィザードリィ外伝 五つの試練』について、2023年10月26日に現在Steam早期アクセスを終了して正式版へと移行することを発表しました。

正式版では『Wiz』フリークによる新シナリオが追加!
2023年10月26日から配信される正式版では、オプション画面がわかりやすい形へと大きく更新するほか、呪文説明の刷新などベータ実施中のビルドに含まれる様々な改良を実施。新たなデフォルトシナリオ「偽りの代償」も追加され、既存5本のシナリオを含めてゲーム本編のみで計6本のシナリオを楽しむことができます。

シナリオ「偽りの代償」では、設定/テキスト原案および迷宮構築、バランス調整に、かつてフロム・ソフトウェアで『アーマード・コア』シリーズの一部タイトルをプログラマーとして手がけ、現在はアルトテラスにて『NIZ Ashes of the Mad Overlord』『MIZ Myth of Imaginary Zone』など定評ある3DダンジョンRPG開発の実績がある岸亮太郎氏こと白峯氏らが担当しています。

また、シナリオテキストは『大悪司』『ぼくらの放課後戦争!』『タユタマ Kiss on my Deity』などを手がけ、2006年版からの『五つの試練』のヘビーユーザーとして、ユーザーシナリオでも知られる永元千尋氏が担当。いずれも負けず劣らずの『ウィザードリィ』フリークたちにより、酸いも甘いも適度に体験できる『Wiz』初心者の「最初の一歩」に相応しい冒険が楽しめます。

なお、正式版への移行日より『ウィザードリィ外伝 五つの試練』の定価を税込3,980円に変更になります。ただし、正式版になることはあくまで「ひとくぎり」であり、今後他ハード版や機能追加を含む大きなアップデート、さまざまなDLC展開などを予定しています。

シナリオエディタサービスオープンベータも開始!
正式版に合わせて、本作向けの「シナリオエディタサービス」のオープンベータもスタートします。Steam上でゲームを購入したユーザーの皆様向けに後日案内するURLへアクセスすることで、ブラウザ上でシナリオを制作し、シームレスに『ウィザードリィ外伝 五つの試練』のユーザーシナリオセレクタへと公開可能です。

なお、サービスのご利用には『五つの試練』をお買い上げいただいたSteamアカウントとエディタサービスアカウントの連携が必要になるほか、オープンベータ時は日本語のみ対応しているためご注意ください。

『ウィザードリィ外伝 五つの試練』は現在Steam早期アクセスにて配信中。2023年10月26日に正式版へと移行します。

 
   

ランキング(ゲーム)

ジャンル