top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

伝説のホラー漫画が映画化!『女囚霊』夏子インタビュー「人間の怖さが表現されたお話。ドラマ部分にも注目して」

ガジェット通信

――現場の雰囲気はいかがでしたか?

タイトル、設定のとおり、女性が多い現場で、すごく和やかでした。皆さんのお互いの距離の取り方が程よく、心地良い雰囲気が流れていました。私は和田(光沙)さんのお芝居がすごく好きで。実際はとても優しい方なのに映画の前半は和田さんの怖いシーンが多いんです。和田さんご本人の優しさと、役柄の優しいけれど怖い部分というのがすごくマッチしていて素敵でした。

――人間の恐ろしさが出ていましたよね。

この映画はお化けが出るというよりも、人間の怖さが表現されたお話なので、人間ドラマとして観ていただけると思うんです。女囚たち一人一人に過去がありますし、特に私が演じさせていただいた美山は作品の中でどんどん成長していきます。演出や音で驚くようなシーンはもちろんありますが、ホラーが苦手だという方にも、そういったストーリー面に着目してご覧いただけたら嬉しいです。

――観ているうちに美山のことを応援したくなります。

広告の後にも続きます

そう感じていただけるとありがたいです。鳴瀬監督とも、美山の成長についてはよく話していました。最後、グロテスクなシーンにはなるのですが、美山が自分で“選択”を出来ているので。これまで周りに流されてばかりだった美山が自分の意志で“ある決断をする”ことは、私も演じていて大切にしていた所なのでぜひ注目していただきたいです。

――人間のじっとりとした怖さが濃縮されている作品でしたので、ぜひ多くの方にゾッとしていただきたいと思います。余談なのですが、私は夏子さんが主演されているドラマ『アイゾウ 警視庁・心理分析捜査班』の大ファンなので、今日お話を伺えて光栄でした!

ありがとうございます!『アイゾウ』も人間の恐ろしさですものね。実在の事件を基にしていて、それぞれのドラマもあります。そうやって考えてみると、私は血のりとの遭遇率も高いのですが、人間の恐ろしさを描いた作品にもよく巡り合っているのかもしれません(笑)。『女囚霊』は私の様なホラーが得意ではない方にも楽しんでいただけると思いますので、ぜひ劇場に足を運んでいただきたいです。

――今日は素敵なお話をありがとうございました!

撮影:オサダコウジ

映画『女囚霊』
https://joshurei.com
夏子 和田光沙 円井わん 松永有紗/円城寺あや
鈴川紗由 田口由紀子 辻 凪子 花乃まみ 四家千晴 蒼乃 茜 川連 廣明

監督 鳴瀬聖人 音楽 山岡 晃 脚本 深井戸睡睡
原作「女囚霊 ~塀の中の殺戮ゲーム~」(漫画:加藤山羊、原作:矢樹純/小学館ビッグスピリッツコミックス刊)

製作:人見剛史 奥村雄二 エグゼクティブプロデューサー:鈴木祐介 プロデューサー:角田 陸 古賀奏一郎 撮影:中條 航 照明:山田拓実
録音:古茂田耕吉 美術:後藤駿治 衣裳:工藤 唯 ヘアメイク:菅原美和子 キャスティング:田中慎一 助監督:江良 圭 制作担当:三吉優也
編集:鳴瀬聖人 音響効果:黄 永昌 CG:野崎耕生 映画「女囚霊」製作委員会(SS工房/ライツキューブ/TOKYO CALLING)
制作プロダクション:SS工房 配給:ライツキューブ 配給協力:ティ・ジョイ 2022/JAPAN/5.1ch/DCP/80min
©2022加藤山羊・矢樹純・小学館/SS工房・ライツキューブ・TOKYO CALLING

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル