top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

島田陽子「借金・税金滞納・無免許運転」に堂々反論の大女優っぷり/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 映画「砂の器」や米ドラマ「将軍 SHOGUN」などで知られる島田陽子が、大腸ガンによる多臓器不全でこの世を去ったのは2022年7月25日。まだ69歳だった。

 清純派としてデビューした彼女は、映画やドラマで数々のヒロインを演じ、その美貌と演技力が高く評価される。米ゴールデングローブ賞を受賞したことで、国際派女優としても一目置かれる存在だった。

 一方でプライベートでは内田裕也との不倫報道をはじめ、突然のヘア写真集発売騒動、借金などの金銭トラブルがたびたび報じられ、お騒がせ女優としてその名を馳せることになる。一時期、彼女のスキャンダルと記者会見がセット化していたのだが、そんな中でも彼女の性格がよく表れた会見がある。1994年5月15日、アメリカ映画「キリナ」撮影のため、カナダ出発前に「2分だけ」との条件付きで成田空港で行われたのがそれだ。

 当時、彼女はテレビスタッフとの結婚宣言会見を開いた直後だったが、一部メディアが借金問題や金銭トラブルを報道。それによれば1991年9月に横浜市内に新築を建てた際、借り入れ金2億5000万円の支払いが滞り、固定資産税と市民税の4年間にわたる滞納が明らかになった。さらに2年前まで生活していたニューヨークから日本に戻る際の引っ越し代金、ドレス代金の支払いも滞ったまま。おまけに無免許で愛車の白いジャガーを運転していた疑惑も重なり、日本を出発する前の緊急会見となったわけである。

「お金のことは税理士さんやマネージャーが全部管理してくれますので、自分でタッチしていないんです。本当にそんな事実があったら、早急に対処しなくてはと話しています」

広告の後にも続きます

 自身は知らなかったと反論したのだが、税金滞納について聞かれると、

「(督促状は)平成5年度分のものはありますが、それ以前のものはありません。税理士さんが解決済みです。ですから、昔のものを滞納していると言われても困るんです。(滞納しているのは)平成5年度分です」

 そして無免許運転に関しては、

「2~3年前までニューヨークに住んでいて、向こうの運転免許なので、うっかり置き忘れて切れてしまって。最初から受け直して仮免までいったんですが、本免の試験は仕事で行けなくて、そのままになっているんです」

 要は仮免で運転していたようなのだが、それでも、

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル