top_line

【クイズ】かこさとし、せなけいこ、五味太郎…さて、何の作家でしょう?

「5年前の彼ではなかった」柔道男子で北朝鮮選手が韓国選手との握手を断固拒否!「統一代表で共に闘った仲間なのに…なぜ?」と韓国メディア

THE DIGEST

「5年前の彼ではなかった」柔道男子で北朝鮮選手が韓国選手との握手を断固拒否!「統一代表で共に闘った仲間なのに…なぜ?」と韓国メディア(C)THE DIGEST
 中国・杭州で開催されているアジア大会。現地9月25日には柔道男子73キロ級が行なわれ、決勝トーナメント1回戦でキム・チョルグァン(北朝鮮)とカン・ホンチョル(韓国)が対戦。前者が一本勝ちを収めた。

 しかし試合後、なんとも残念なシーンが生まれる。敗れたカン・ホンチョルがキム・チョルグァンに歩み寄って握手を求めたところ、身体をくるりと反転させてそれを拒否。すたすたと畳を降りて退場してしまったのだ。カン・ホンチョルは呆然と立ちつくすしかなかった。

 5年前にジャカルタで開催されたアジア大会で、韓国と北朝鮮は統一代表チームを結成。キム・チョルグァンもその一員だったという。韓国放送局『SBS』は「冷え切った南北関係を象徴してしまった。柔道では試合後に握手をして健闘を称え合うのはエチケット。さらにキム・チョルグァンは5年前に我々の選手たちと共に闘った仲間なだけに、なおさら残念な振る舞いだった」と記した。

 韓国柔道協会のカン・ドンヨン事務総長は「南北統一チームで出場したとき、選手たちは互いを“兄さん”“弟よ”と呼び合い、笑顔で温かく接していた。しかし今回再会したキム・チョルグァンは、私が知る5年前の彼ではなかった」とコメントを寄せている。
  全国紙『朝鮮日報』は「キム・チョルグァンの行為は北朝鮮チームを代表するものではない」と指摘。その同じ日に行なわれた女子70kg級のベスト16では、勝利した北朝鮮のムン・ソンヒから敗れた韓国のハン・ヒジュに握手を求めたようだ。一方で、射撃の男子団体戦で韓国が優勝して国歌斉唱と国旗掲揚がはじまると、3位の北朝鮮の選手たちは背を向けて記念撮影をはじめたという。最後に韓国チームが「一緒に写真を撮ろう」と最上段に上がるように呼びかけたが、これも固辞して去っていった。

 なお握手を拒否したキム・チョルグァンは準々決勝で敗退し、銅メダルにも届かなかった。柔道男子73キロ級はムロジョン・ユルドセフ(ウズベキスタン)が優勝を飾り、日本の橋本壮市は銀メダルを獲得している。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】アイドル級の可愛いさ! 韓国チア界が誇る美女、アン・ジヒョンの“悩殺ショット”集を一挙チェック!

【記事】「なんて不可解な判定だ!」女子柔道で“張り手”を食らわせて一本負けの韓国選手に母国メディアは徹底擁護!「故意じゃないのに…」【アジア大会】

【記事】「もはや絶望しかない…」韓国女子バレー代表が7戦全敗→プール最下位で終戦に母国メディアは愕然!「世界40位にまで落ち込んだ」
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル