top_line

【クイズ】12月8日は「御事納め」。
縫い針を豆腐やこんにゃくに刺す行事を何と呼ぶでしょう?

味方は合わせるだけ! 橋岡大樹が今季初アシスト! 凄まじい推進力でもたらしたゴール

フットボールチャンネル

 ベルギーリーグ第8節の4試合が現地時間24日に行われた。日本人選手7人が所属するシント=トロイデンVVは、アウェイでヘンクと対戦。鈴木彩艶、橋岡大樹、山本理仁、伊藤涼太郎の4人が先発し、藤田譲瑠チマが途中出場した。この試合では橋岡が見事なアシストでチームに貢献している。

【動画】橋岡大樹のアシストから生まれたゴールがこれだ!

 前節5試合ぶりの白星を飾ったシント=トロイデンは、31分に伊藤のパスからアブバカリ・コイタが先制点を決める。36分にもコイタがゴールを決め、早くも2点のリードを獲得した。

 37分には自陣ペナルティーエリア中央からDFがロングボールを送る。ファティ・カヤがヘディングで逸らすと、その脇を追い越した橋岡がボールを保持し、ドリブルで敵陣ボックス内へ侵入。最後はファーサイドでフリーになっていたコイタにラストパスを送り、ゴールをお膳立てした。橋岡はこれが今季初アシストとなった。

 58分に1点を返されたシント=トロイデンは伊藤に代えて藤田譲瑠チマを送り出すも、その後2点を奪われ、同点に追いつかれてしまった。試合はそのまま3-3のスコアで終了し、シント=トロイデンVVは連勝を逃している。

広告の後にも続きます

中井卓大だけじゃない! 10代の欧州日本人サッカー選手5人
【結果一覧】欧州CL&EL日本人の成績・結果は?

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル