top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大久保佳代子が「嫌悪感抱いた女性芸人」を実名告白も“本命は別”指摘が続出していた!

アサジョ

 お笑いタレントの大久保佳代子が過去に「何だコイツ」と嫌悪感を抱いた女芸人を実名暴露したことが話題になったが、実は、視聴者からは大久保が口には出さない「裏本命は別にいる」という指摘が相次いでいるという。

 大久保とヒコロヒー、途中から野沢直子も駆け付ける“女性芸人”の回になった問題の番組は「まつもtoなかい」(フジテレビ系)の、さる2023年9月17日放送回。同回では、女性芸人の間でどれほどライバル心や嫉妬感情があるかについてトークが展開された。

 大久保は他の女性芸人に抱く競争心について「性格が合う、合わないがあって、ヒコさんみたいに慕ってくれたり、いい感じにしてくれる人にはライバル心は持たないです」と説明。他方で「こっちに寄ってもこないし、だけど、バリバリやってるなぁみたいなのを見ると“何だコイツ?”とは思う」と一部芸人をチクリ。

 MCの松本人志や中居正広は「誰?」と興味津々になるも、大久保は「“誰”はいいでしょ。それも結局最初だけで、仕事していくと本当に悪いヤツっていないじゃないですか? 最初は人見知りなだけで。(本当に悪いヤツは芸能界に)残ってないから」と、“何だコイツ”な印象の女性芸人にも、現在はネガティブな感情はないと明かした。

 しかし、松本の好奇心は止まらず、「途中までイヤやったのは誰なん? 今は良くなったけど」と問い詰める。これに大久保が「あぁ~…Aマッソとか」と名前を出したところ、松本からは「生々しい」と爆笑されていた。

広告の後にも続きます

「特にAマッソ・加納は容姿の男性人気が高く、“尖りキャラ”とあって、大久保のチョイスに視聴者からはネット上に『いいトコ持ってきたなぁ 笑 感心するわ』『皆がちゃんと共感できる人を選ぶ秀逸な回答』などの声が続出。一方、デビューが1年後輩とほぼ同期で、東西で人気を二分したオセロ(松嶋尚美、中島知子)が“裏の大本命”だと考える人も多く、『オセロって言っても別にいいのにね』『リアルにはオセロのことだったのかなぁと思います。実際今ではほぼいなくなってるし…』『本当はオセロって言いかけたけど、いろいろと出しにくい名前だからとっさに無難なAマッソに切り替えたようにも思えますね』などの声も上がっていました。確かにAマッソは売れっ子ですから大久保の言う『残ってない』人には当てはまらないですよね」(テレビ誌ライター)

 一方、オセロは1990年代から2000年代前半にかけての勢いは凄まじかったものの、その後はコンビの不仲や、中島の洗脳騒動などもあり、13年に解散を発表。結果的にはピンでも存在感を放つオアシズのほうが息の長いコンビとなっている。はたして大久保の頭にはAマッソ以外にどんな顔ぶれが浮かんでいたのだろうか。

(木村慎吾)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル