top_line

【クイズ】12月8日は「御事納め」。
縫い針を豆腐やこんにゃくに刺す行事を何と呼ぶでしょう?

【SPECIAL TALK SESSION】講談社シネマクリエイターズラボとショートショート フィルムフェスティバル & アジアがショートフィルムの未来を切り拓く!

キネマ旬報WEB


講談社110年余の「編集力」をショートフィルムで活かす!

受賞企画に1000万円をお支払い!—ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2023で受賞者が発表された「講談社シネマクリエイターズラボ」。新たな映像クリエイターの発掘と支援を目的としたこのプロジェクトを立ち上げた講談社・野間省伸社長と、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア別所哲也代表がショートフィルムの可能性とメディアの未来を語る。

左から、別所哲也(ショートショート フィルムフェスティバル & アジア代表)、野間省伸(講談社代表取締役社長) 心揺さぶるコンテンツをゲームに続き、ショートフィルムで

2023年に25回目を迎えたアジア最大の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(以下、SSFF)は、これまでさまざまな企業や団体とプロジェクトを立ち上げてきたが、昨年発表された「講談社シネマクリエイターズラボ」は国内最大手の老舗出版社である講談社がSSFFの協力のもと企画を公募。SSFF2023で発表された4名の受賞企画に講談社から各1000万円の資金が支払われ、同社の担当編集者と共に制作するショートフィルムがSSFF2024で公開される。

——「講談社シネマクリエイターズラボ」(以下、シネマCL)はどのような経緯から創設されたのですか?

野間 講談社は「おもしろくて、ためになる」出版物を出していくことを高祖父の代から社是としてきましたが、近年はそれを英語に置き換えた“Inspire Impossible Stories” をパーパスとして、世界中のユーザーにこころを揺さぶるコンテンツを届けることを大きな目標に掲げています。昨今はコンテンツもボーダーレスになっていますから、出版物にこだわらなくてもいいのではないか、では、ゲームから始まるコンテンツ展開もあり得るということで、2020年から「ゲームクリエイターズラボ」(以下、ゲームCL)というクリエイター支援プロジェクトを行ってきました。そこへ目をとめられたのが、鼻が良く利く別所先輩です(笑)。

別所 同じ大学の出身でもありますが(笑)、ゲームCLのことも存じ上げていました。野間さんからお話を伺うなかで、未来に向けた講談社のリブランディング、グローバルへの志向は、私たちが手がけてきたショートフィルムの映画祭と、国際性やクリエイターの開拓という点で目指す方向が同じであることがわかりまして、このプロジェクトをご一緒させていただくことになりました。

広告の後にも続きます


——昨今はYouTube をはじめ、比較的手軽に動画を撮影し配信、個人で発信することも可能になりましたが、映像プロジェクトをはじめた目的は?

野間 ゲームの分野ですが、先例のゲームCLでは応募数(累計3000以上、支援数24)も非常に多く、本当にさまざまな才能と出会うことができました。じつは、日本の「編集者」というのは稀な存在で、企画立案から編集全般、クリエイターの身の回りの世話までするような職業は他の国にはないらしい。その編集者の力によって、出版だけでなく、ゲームでも映画でも、クリエイターに寄り添ってサポートしていくことで化学変化を起こせると思っています。いろいろなジャンルの編集者がそれぞれに得意分野を持っていますから、編集者とクリエイターのいい出会いがあれば、「おもしろくて、ためになる」ものが必ず生まれるはずです。YouTube をはじめ、才能あるネットクリエイターの活躍が目覚ましいですが、制作だけでなくモチベーション維持や宣伝など制作以外すべてを自走できる方は少ない。我々は文学、漫画など多くの新人賞で新しい才能を集め発掘し、伸ばすことを昔からやってきましたから、110年を超えて培ってきた強みを活かして、シネマCLで企画を集め、選ばせていただく。そして“InspireImpossible Stories” なショートフィルムを作っていこうというわけです。


可能性を秘めた多様なジャンルの人々と巡り合いたい

——シネマCLは今後、SSFFにおいて企画マーケットのような存在となり、相互によい影響を及ぼしそうですね。

別所 映画祭としては、作品そのものを評価する機能に加えて、このようなプロジェクトを実施することによって、クリエイターのキャリア形成や、モチベーションアップにもつなげられると思います。第1回の応募数を見て、圧倒的な手応えを得ています。

——応募総数は1103。優秀賞には4名が選出されました。選考の基準やポイントは?

野間 海外からの応募が想定以上に多く、かといって外国人を優先するわけではなく、グローバルに通用する”Inspire Impossible Stories” という基準で選考し、結果的に海外からは2名が受賞しました。また、脚本家の喜安浩平さんはすでに実績のある方ですが、選考はあくまで企画内容がすべて。今回は「監督に挑戦したい」という彼の姿勢に共感しました。そして、新しいものは新しい人から生まれてきた、という経験が我々にもありますから、才能を一緒に開花させたいという点で大学生の瀬名亮さんが選ばれました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル