top_line

【クイズ】初めて宇宙に行った日本人の職業は何でしょう?

テロで愛妻を失った男性からテロリストへの手紙 世界へ広がる 「ぼくは君たちを憎まないことにした」予告

映画スクエア

 2023年11月10日より劇場公開される、家族3人で幸せに暮らしていたアントワーヌの、テロ発生から2週間の出来事をつづった同名ベストセラーの映画化作「ぼくは君たちを憎まないことにした」の、予告映像が公開された。

 予告映像では、愛する妻をテロリストによって突然奪われてしまったアントワーヌが、悲しみや不安、怒りを押し殺し「僕と息子が幸せで自由な人生を送ることで、君たちは恥じ入るだろう。君たちは負けだ、人生は続く。君たちに憎しみを贈らない」と、SNSを通してテロリストへの手紙を投稿し、その強いメッセージが瞬く間に世界中を駆け巡る様子が描かれる。小さな息子・メルヴィルが母の動画を見て喜んでいるシーンや、母親の墓の前でアントワーヌとメルヴィルが抱き合う場面も見られる。

 「ぼくは君たちを憎まないことにした」は、最愛の人を予想もしないタイミングで失った時、その事実をどう受け入れ、次の行動に出るのかを描いた作品。2015年、ジャーナリストのアントワーヌ・レリスと息子のメルヴィルは、最高の母であり、最愛の妻であるエリーヌを自爆テロで失う。誰とも悲しみを共有できない苦しみと、これからの育児への不安をはねのけるように、アントワーヌは手紙を書き始める。妻の命を奪ったテロリストへの手紙は、息子と二人でも「今まで通りの生活を続ける」との決意表明であり、亡き妻への誓いのメッセージだった。一晩で20万人以上がシェアし、新聞の一面を飾ったアントワーヌの「憎しみを贈らない」という詩的な宣言は、動揺するパリの人々を落ち着かせせ、テロに屈しない団結力を芽生えさせていくことになる。

 混乱するアントワーヌの内面を映画化したのは、マラソンに挑戦する老人たちをほのぼのと描いたコメディ「陽だまりハウスでマラソンを」のキリアン・リートホーフ監督。アントワーヌの手記は、メルヴィンと同じ年頃の娘を持つリートホーフ監督の心を打ち、監督はすぐさま映画化を決断したという。「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」で綾瀬はるかと共演したピエール・ドゥラドンシャンが主演、カメリア・ジョルダーナ、撮影当時3歳のゾーエ・イオリオらが出演する。

【作品情報】
ぼくは君たちを憎まないことにした
2023年11月10日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
配給:アルバトロス・フィルム
©2022 Komplizen Film Haut et Court Frakas Productions TOBIS / Erfttal Film und Fernsehproduktion

 
   

ランキング(映画)

ジャンル