top_line

【クイズ】日本初の映画。観客が観たスクリーンではないモノって?

ホーバスHCが八村塁の代表参加に補足コメント「パリ五輪でのプレーについて話しを続けていくことにしています」

バスケットボールキング

 日本バスケットボール協会(JBA)は9月22日、『バスケットボール男子日本代表チーム 八村塁選手の代表参加に関するトム・ホーバスHCの補足コメント発信について』と題したリリースを発表した。

 ホーバスHCは9月3日に沖縄市で実施された「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」に関する記者会見を日本語で対応。会見での発言が本意とは異なる形で広まったため、その内容を説明する目的でリリースが発表された。

 ホーバスHCはリリースを通じて「こんにちは、アカツキジャパンを応援してくれているみなさん。私は、9月3日の記者会見での八村塁選手に関する私の発言が、私の意図とは違う意味でメディアによって報道されていることに気づきました。また日本語の表現も少し違っていた部分があり、誤解のないように英語で訂正した方がいいと思いました」と説明し、次のように続けた。

「私が日本語で、もし代表チームでプレーしたい場合は『彼が私たちに電話するべきだ』と言ったことは、八村選手の日本代表での将来について混乱を招いてしまいました。実際のところ、日本バスケットボール協会(JBA)は八村選手や彼のマネジメントチームと定期的に連絡を取り合っていますし、彼はいつでもチームジャパンでプレーする権利を持っています。彼のこの10年間に渡る日本代表への貢献は、チームジャパンの成長には不可欠なものでした」

「また八村選手はワールドカップ大会期間中、日本代表のチームメイトをとてもサポートしてくれました。NBAのシーズン中においても八村選手、そして彼のマネジメントチームと、2024年のパリオリンピックでのプレーについて話しを続けていくことにしています。沖縄でのワールドカップでは、代表チームは大きな成果をあげることができました。2024年パリ大会は、私たちが、バスケットボール界でさらに大きな一歩を踏み出すチャンスです。それを成し遂げるためには、私たち全員の力が必要です。日本一丸、たくさんのサポートとご協力、本当にありがとうございます」

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル