top_line

大谷翔平選手、ドジャースへ移籍決定!
各メディアのニュースをまとめ読みしよう

『ペーパーマリオRPG』リメイクから『FF7 リバース』発売日発表など盛りだくさん ニンダイ&State of Playの注目情報5選

Real Sound

© Nintendo

 ゲーム最新情報番組「Nintendo Direct 」と「State of Play」が、9月14日と15日に配信された。任天堂とソニーの両社から今後発売予定のゲームやコンテンツが多数発表されたが、本稿ではそのなかでも注目の情報をピックアップしてお届けしたい。

参考:『マリオ』における“味方”としてのクッパの魅力と意外な軌跡 『マリオ+ラビッツ ギャラクシーバトル』新情報を機に振り返る

【ニンテンドーダイレクト編】

■『ペーパーマリオRPG』がSwitch向けにリメイク

 2004年にニンテンドーゲームキューブ向けに発売された『ペーパーマリオRPG』が、Switch向けに2024年に登場する。本作は、ペラペラの紙になったマリオが、さまざまな仲間を連れて冒険をくり広げるRPG。ジャンプやハンマーを使ったアクションだけでなく、観客に応援されながら劇場で戦うというシチュエーションに加えて、闘技場や無人島といった多彩なステージなど、本作独自の要素が数多く存在した。

広告の後にも続きます

 今回は本作のトレーラーが公開。“スターストーン”をめぐってマリオが挑む冒険の一端が垣間見られる。ゲームキューブから現行機のSwitchにハードを移したことで画質は大幅に向上し、光や影の描写もより細かくなっていた。ちなみに、『ペーパーマリオRPG』の前作であり、「ペーパーマリオ」シリーズの第1作にあたる『マリオストーリー』は、「NINTENDO 64 Nintendo Switch Online」の対象タイトル。機会があれば、「ペーパーマリオ」の原点を遊んでみるのもオススメだ。

■最後の生き残りを懸けて戦う『F-ZERO 99』が配信

 1990年にスーパーファミコンで発売された『F-ZERO』をベースにした作品「F-ZERO 99」が、発表とともに配信開始となった。Nintendo Switch Onlineに加入していれば、誰でも遊ぶことができる。

 本作は『F-ZERO』のバトルロイヤル版ともいえる作品。99人のプレイヤーたちがひとつのコースを駆け抜け、最後まで走り抜きつつ1位を目指す。体力と加速時のエネルギーを兼ねる“パワー”が重要で、使い過ぎればマシンが爆発するし、温存したままでは勝てない。パワーの使いどころを管理する戦略が勝敗を分ける。

 ちなみに、「F-ZERO」シリーズの最新作はゲームボーイアドバンスで2004年に発売された『F-ZERO CLIMAX』が最後。シリーズファンたちからは、新しい「F-ZERO」も望まれている。

【State of Play編】

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル