top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ジャニーズ事務所「社名変更」検討で気になる「楽曲内のフレーズ」の今後 事務所外のアーティストも多数使用

SmartFLASH

「Hey!Say!JUMPは、デビュー曲『Ultra Music Power』の冒頭から『Johnnys’』と使われ、代表曲でもあるだけに、ファンはSNSで今後も同じ歌詞で歌えるのかを心配しています。

 

 さらに、活動休止中ですが、嵐は『ALL or NOTHING Ver.1.02』で、櫻井翔さんのラップパートに登場。また、アイドルならではのメンバーの個性などを歌詞にした“自己紹介ソング”にも使われ、なにわ男子の『Seven Stars』、Kis-My-Ft2の『We are キスマイ!』、キスマイ・二階堂高嗣さんのソロ曲『ジョッシー松村のSCREAM』などにも使われています。

 

 また、関ジャニ∞『∞ o’clock 08』のほか、ジャニーズWEST関連曲では8曲も使われています。

広告の後にも続きます

 

 そのほか、解散していますが、忍者には『ジャニーズワールドへようこそ』、今後はRockon Social Club名義として活動する男闘呼組には『ジャニーズA GO GO』という曲もありました。

 

 そもそも、事務所の第1号アイドルは、あおい輝彦さんらで結成された4人組の『ジャニーズ』です」(芸能ライター)

 

 歌詞にも多く使われている「ジャニーズ」の今後に、SNSではさまざまな意見が書き込まれた。

 

《社名変更すんの? 関ジャニとかジャニーズWESTとかUMP(『Ultra Music Power』)の歌詞とかどうすんの?? デビュー曲だぞ???》

 

《ジャニーズが名前に入ってるグループのファンとしては社名変更して欲しくない ジャニーズって歌詞が入ってる歌も沢山あるし》

 

《社名変更したら、グループ名だけでなく、歌詞に「ジャニーズ」て出てくる曲もあるよね?それも歌えなくなるってこと?》

 

「長年、人気を誇ってきた事務所だけに、ほかのアーティストの歌詞にも『ジャニーズ』が使われてきました。

 

 音楽グループ・レペゼン地球(Repezen Foxx)の『O2MEN』、『JAPAN incident』の2曲、ラッパー・般若さんの『フェイク』、バンド・キュウソネコカミの『音楽やめたい』、ラップグループ・MOROHAの『奮い立つCDショップにて』などです。

 

 社名が変わった場合、歌詞を変えるかはケースバイケースですが、最近では、米国の歌手テイラー・スウィフトが『Better Than Revenge』の歌詞の一部を変更し、背景に歌詞の内容が女性蔑視的だ、との批判があったのでは、とされています」(音楽情報誌記者)

 

 元祖「ジャニーズ」が1964年に『若い涙』でデビューしてから59年。その名は、大きな転機を迎えている。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル