top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「本心とは思えない」ガーシー被告 法廷で贖罪の決意も信用ナシ…世間を欺いた数々の“前科”

女性自身

 

こうした疑いの目は著名人からも向けられている。アンジャッシュ・児嶋一哉(51)は20日に出演した『DayDay.』(日本テレビ系)で、「こんなに急に人って変わるのか信じがたい部分もあるけど……」とコメントしていた。

 

それもそのはず。ガーシー被告には、世間を欺くような言動を繰り返してきた“前科”がいくつもある。

 

広告の後にも続きます

「ガーシー被告は逮捕・起訴される前まで、幾度となく高圧的な態度をSNSやYouTubeで見せてきました。それだけでなく、“嘘つき”と思われるような言動も物議を醸していました。

 

昨年7月の参院選で初当選を果たすも、ガーシー被告はドバイに滞在したままで登院回数はゼロ。今年3月には参院選本会議で懲罰として“議場での陳謝”が予定されていましたが、直前で帰国を取りやめることに。これ以前にも帰国する意向を仄めかしていましたが、逮捕されるまで一度も実現したことはありません。しかも逮捕状が出されると、SNS上で『一生帰国しないことを覚悟いたしました』と宣言したのです。

 

かたや警視庁が3月末にガーシー被告の実家を家宅捜索すると、強気な態度は一転。『頼むからオカンは勘弁してください』『70代のオカン捕まえて、勾留して何が出るんですか』と、涙ながらに同情を誘ったのです。ですが翌月に出演したライブ配信では、ドバイでの悠々自適な生活ぶりをアピール。『落ち込んでない』とまで言い切っていました」(WEBメディア記者)

 

さらに逮捕直後は、ガーシー被告の身近な人物からこんな証言も……。

 

「ガーシー被告と交流のあるYouTuberで医師の麻生泰氏が、今年6月11日放送の『サンデージャポン』(TBS系)でガーシー被告とのやり取りを明かしていました。ガーシー被告は帰国する直前に、“俺悪いことしてないし、帰国して自分で解決する”といった様子だったそうです」(芸能ライター)

 

法廷で述べた贖罪の決意は本心だろうか、果たして――。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル