top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

岡田将生、吉田鋼太郎からの独身いじりに悲鳴「やめなさい、おじさん!」

WEBザテレビジョン

俳優の岡田将生が9月19日、都内で開催された映画「ゆとりですがなにか インターナショナル」の完成披露試写会舞台あいさつに、松坂桃李、柳楽優弥、安藤サクラ、仲野太賀、吉岡里帆、島崎遥香、木南晴夏、吉原光夫、吉田鋼太郎、水田伸生監督とともに登壇。吉田に独身をイジられる場面があった。

■動物占いで相性100%「そりゃ映画にもなるよな…」と感慨

2016年4月期に日本テレビ系列にて放送された連続ドラマ「ゆとりですがなにか」。「野心がない」「競争意識がない」「協調性がない」と揶揄される「ゆとり世代」と勝手に社会に括られたアラサー男子3人が、仕事や家族、恋、友情に迷い、あがきながらも人生に懸命に立ち向かう姿を描いた。今回映画化を果たし、個性的なゆとり3人組である坂間酒造の次男・坂間正和を岡田、女性経験ゼロの小学校教師の山路一豊を松坂、事業に失敗して中国から帰国したフリーターの道上まりぶを柳楽が演じた。

約7年ぶりに映画として戻ってこられた心境について、岡田は「ちょっと不安だったんです。こんなに時間が空いて皆さんが求めてくださっているのか。でも、このお二人(松坂、柳楽)に支えられて、お芝居のセッションをすると『これがゆとりだ!』と思いました」と吐露した。

柳楽は「7年たってまた再開して、これだけの方々に届けられるって幸せなことだなって実感しています」としみじみ。松坂は「本当にいい意味で変わらない空気がこの現場にはあって。ものすごい安心感、いい緊張感でお芝居をやらせていただきました。うれしかったです」と笑顔を見せた。

ゆとり3人組を母親のように見つめていた安藤は、この3人と再び共演したことを「3人の関係に憧れながら、近くでじーっと眺めている感じです。7年間変わらず仲いいですし」と口に。7年前、ゆとり3人組と安藤で食事に行ったそうで、その時のエピソードを「ゆうちゃんが『動物占いって知ってます? やりません?』ってことでやったら、4人の相性がめっちゃよかったんだよね。どこをとっても100%相性がそろっていて。それを思い出して『そりゃ映画にもなるよな…』って思いました」と感慨深げな表情で語った。

■映画の出番少なく舞台あいさつで爪痕残す

また、「レンタルおじさん」こと麻生厳を演じた吉田は、観客にあいさつをする場面で1歩前に出て「役者人生長いですが、生の舞台の上でこれだけのお客さまと面と向かったことはありません! ぶっちゃけ申し上げますと、今回はそんなに出番がございません。せめて、ここで爪痕を残したいと思い、こういう状態になっています」と地声で絶叫し、会場を沸かせた。

さらに、連続ドラマ放送から映画化までの間に起きた変化を「長い間にいろいろありました。松坂くんがご結婚なさり、お子さまもお生まれになった。柳楽くんはこのような性格ですが、家庭は円満で離婚することもない」と祝福。

続けて「ただ一人だけ心配な人がございます」と顔を曇らせ、「岡田くんだけ一人で生きています。今(結婚相手)募集中でございますので」と岡田の独身をいじった。これに岡田は「やめなさい、おじさん!」と悲鳴を上げていた。

◆取材・文=大野代樹

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル