top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

眠っても疲れがとれない人はどんな寝具を選べばいいの?通気性のよい寝具が快眠への近道!【睡眠の話】

ラブすぽ

敷布団に最適なのは「高反発の新素材マットレス」

眠っても疲れがとれないのは、寝具が体に合っていないのかもしれません。寝具で重要なのは敷布団です。就寝中の体を支え、寝床の温度や湿度を快適に保ってくれる存在です。最近は、低反発や高反発のマットレスが注目されていますが、それぞれに特徴があります。

監修者が新素材の高反発マットレスについて、エアウィーヴ社に依頼されて調べたところ、通気性のよい高反発マットレスでは、入眠直後から深部体温がスムーズに下がり、その状態が
4時間持続したのです。眠りはじめに深いノンレム睡眠が多く出現していることもわかりました。

一方、低反発のウレタンマットレスでは、深部体温の低下は1時間もつづかず、睡眠中にいったん上がっています。体とマットが密着し、熱が逃げにくいためと考えられます。この結果から、体に密着しすぎず通気性のいい高反発マットレスのほうが、スムーズな熱放散により、深部体温が下がりやすいので、質のよい睡眠をもたらすと立証されました。

通気性の重要さは敷布団だけでなく、ほかの寝具にもあてはまります。脳の温度は深部体温と同じく睡眠中に下がるので、とくに枕は通気性を意識して選びましょう。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 睡眠の話』
監修:西野精治

『睡眠の話』はこんな人におすすめ!

広告の後にも続きます

・ぐっすりと眠れない日が多い
・快適な睡眠を得るにはどうすればいいのか知りたい
・睡眠の面白いメカニズムを学びたい

以上の方には「図解 睡眠の話」は大変おすすめな本です。

みなさんは毎日上質な睡眠をとれていますか?
良い睡眠を得ることは、よい生活につながる。誰もがそれを認識してると思います。しかし、果たしてどれほどの人が自分はよい睡眠を得てると自信をもって言えるでしょうか。

睡眠は生きていくうえで、基本的でもっとも重要な生理現象です。規則正しい生活を送るとともに、睡眠に対する科学的な理解を深めることで、良質な睡眠がみちびかれるといっても過言ではありません。ですが、多くの人が睡眠における知識が不足しており、良質な睡眠を得る方法もわかっていません。

本書では、なぜ上質な睡眠を得ることが重要なのかという基本的な話から、すぐに実践できる睡眠法など、毎日の健康に役立つ情報も紹介しています。

睡眠は感染症予防の基本のき
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル