top_line

【クイズ】かこさとし、せなけいこ、五味太郎…さて、何の作家でしょう?

「VIVANT」最終話、視聴者が最も注目したシーン発表 日本のモニター判明寸前の“午後9時57分”

シネマトゥデイ

視聴者が釘づけになった“午後9時57分”のシーン – (c)TBS

 17日に放送されたTBSの日曜劇場「VIVANT」最終話で、視聴者が最も釘付けになったシーンはどこなのか? テレビスクリーンの「視られている量」を測定するREVISIO株式会社が分析データを発表し、トップ3が明らかになった。(以下、最終話のネタバレを含みます)

 分析結果によると、最も注目されたのは午後9時57分から59分に放送された、テロ組織「テント」解体から日本に潜伏するモニター(協力者)をあぶり出すシーン。公安に身柄を拘束された指導者ノゴーン・ベキ(役所広司)とテントメンバーの最後の別れが描かれた後、別班の乃木憂助(堺雅人)と黒須駿(松坂桃李)が、日本の中枢にモニターが潜んでいることに危機感を感じ、天才ハッカー・ブルーウォーカー/太田梨歩(飯沼愛)の協力で、“日本のモニター”の正体を突き止めた。第9話で存在が示唆された日本のモニターは誰なのか、視聴者の注目度も78.9%と圧倒的だった。

 2位は、午後10時10分に流れた乃木が実の父であるベキに発砲するシーン(注目度:76.6%)。ベキの復讐相手が、公安時代の元上司である内閣官房副長官・上原史郎(橋爪功)であることが明らかになり、乃木は日本にある上原の自宅に急行。上原に銃を向けるベキは、乃木に対して「撃てるものか。お前は私の息子だ」と告げる緊迫の瞬間が描かれた。

 3位は、本編終了直前の午後10時16分、 乃木が柚木薫(二階堂ふみ)とジャミーン(ナンディン-エルデネ・ホンゴルズラ)を抱きしめるシーン(注目度:76.4%)。神田明神での感動の再会も束の間、乃木の別人格“F”が「おいおいおい、いいところ悪いけどよ、憂助。そろそろ見た方がいいんじゃないの? 置いてあるぞ」と言い放つと、目線の先には一つの別班饅頭が置かれていた。別班としての乃木の任務はこれからも続く、という続編に期待を抱かせるラストに注目が集まったとみられている。(編集部・倉本拓弥)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル