top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

『真夏のシンデレラ』夏海と健人に訪れた恋のハッピーエンド 愛梨と理沙が選んだ恋の顛末

Real Sound

『真夏のシンデレラ』©︎フジテレビ

 雨の中、夏海(森七菜)を迎えに行った匠(神尾楓珠)。傘を渡し、別々の帰路に着こうとした矢先、夏海が渡る横断歩道に向かって一台の車が突っ込んでくる。そこに匠が駆け寄ろうとした瞬間で幕を下ろした前回のエピソード。結局2人とも大事には至らなかったが、匠は足を骨折し大工として仕事を続けることが難しい状態に。健人(間宮祥太朗)に連絡ひとつせずに匠に付き添っていた夏海は、匠の人生を台無しにしたと責任を感じ、健人に別れを告げるのである。

参考:『真夏のシンデレラ』森七菜の魅力を開花させた夏海役 “気取らない海辺の娘”は適役に

 9月18日に最終回を迎えた『真夏のシンデレラ』(フジテレビ系)。東京に暮らす高学歴の青年たちと、海辺の町(江ノ島)に暮らす同じ年頃のヒロインたちを軸にした男女8人の“一夏の恋”を描いてきたドラマである以上、夏の終わりを迎えると同時に求められるのはそれぞれの恋の顛末に他ならない。その至極当然な流れに即した最終話を迎える上で、先述のプレファイナルの展開はいささか急なものに思えてならない。何はともあれ、まずはメインカップル以外の2組の結末からまとめていこう。

 前回まではうまいことまとまりそうな雰囲気もあった理沙(仁村紗和)と宗佑(水上恒司)だったが、医師である宗佑に突然九州への転勤の話が舞い込む。宗佑は理沙に一緒に行こうとプロポーズを交えながら誘うのだが、理沙はまだ幼い息子の春樹(石塚陸翔)の育つ環境を優先する。これは第9話の終盤、Koholaで元夫の翔平(森崎ウィン)に話していたことと結びつく予想通りの流れであり、理沙の決心は固かったというわけだ。

 一方で、修(萩原利久)と愛梨(吉川愛)が別れたことを受けて、愛梨に想いを告げた守(白濱亜嵐)はあえなく撃沈。それでも守は、愛梨のことが忘れられずにいる修に助け舟を出し、修と愛梨は無事に復縁へとこぎつける。たしかに元々釈然としない理由で破局を迎えたのだから、このぐらいあっさりしていても問題なかろう。修、愛梨、守の3人による、友情と恋愛感情が入り混じった関係はそのまま保たれたということであり、それはそれで悪くない落としどころである。

広告の後にも続きます

 そうなるとやはり、気にかかるのはメインカップルである。匠が怪我をしたことを自分のせいだと感じる夏海。夏海と健人が別れたと聞き、余計なことを言った自分のせいだと呟く皐月(山崎紘菜)に、「俺が夏海を安心させられなかっただけ」と背負い込む健人。そして同様に2人の別れを知った匠も「俺の怪我のせいだったら」と口にし、関わる全員の「自分のせい」という考えが、このドラマを最後の最後でとことんこじらせていく。その割に、健人は守と修から、夏海は匠からの後押しで丸く収まる方向へと走り出す。このストーリーテリングを選択するのであれば、もっとじっくり描いた方が登場人物たちの心理に筋が通ったのではないだろうか。

 夏にかまけた若者たちの青春群像ラブストーリーという、ずいぶんとトレンディドラマ的なコンセプト自体は、最近の潮流にそぐわないなりにも面白味があって愛せるし、いっそ毎年夏にこういうドラマが作られることを心から望むのだが、やはり今回の作品に関してはそういった“エッセンス”に注力するあまり、ディテールや脈絡など所々に甘さを感じずにはいられなかった。何よりも一番の課題は、江ノ島という格好のロケーションを“えのすい”と海を除いてまるで活かしきれなかったことかもしれない。

(文=久保田和馬)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル