top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

【セントライト記念】1番人気2着のソールオリエンスに何が? 手塚調教師「4角で振られるところがあって…」 菊花賞でリベンジへ

東スポ競馬

猛追及ばず2着に終わったソールオリエンスは菊花賞でリベンジへ

セントライト記念2023

[GⅡセントライト記念=2023年9月18日(月曜)3歳、中山・芝外2200メートル、菊花賞トライアル]

 単勝1・6倍と圧倒的な支持を集めた皐月賞馬ソールオリエンス(牡・手塚)は猛追及ばず1馬身3/4差の2着に敗れた。

 皐月賞、京成杯と2戦負けなしの中山で喫した初黒星――。スタートも上々で馬群の後方でしっかりと脚をためる盤石の競馬。課題でもあった4角のコーナリングでは他馬の影響で外に振られるシーンがあり、スムーズさを欠いた。自慢の末脚勝負に持ち込みたかったが、先に抜け出したレーベンスティールを捕え切れず2着でゴール。上がりも勝ち馬に0秒1劣るメンバー2位(34秒0)に終わった。

 手塚調教師は「残念でしたが格好はついたと思う。4角で振られるところがあって、勝ち馬と2馬身くらい離されたのが影響した。この枠で良馬場、外々を回ると厳しい。ただ、道中の遊びもあったし、体形以上に距離は持つことが分かった。(以前の)4角のコーナリングも良くなってその辺りの課題が問題なかったですしね」とレースを振り返った一方で、「本番(菊花賞)は枠順も変わるし、ジョッキーもいろいろと考えて乗るでしょう。今日は(ジョッキーとは)安全策で外を回って、力を信じて乗ろうと話していました」とコメントした。

 ダービーに続き連敗となったが、世代屈指の能力を持つのは疑いようがない。この日、レース後の社台サラブレッドクラブのホームページ上でGⅠ菊花賞(10月22日=京都芝外3000メートル)へ向かうことが明言されており、GⅠの大舞台でリベンジを目指す。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル