top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

「おもちゃチョーダイ」にも使える 愛犬へのハンドフィードのやり方

いぬのきもち WEB MAGAZINE

飼い主さんの手から直接愛犬にフードを与えるハンドフィードってご存じですか? じつは、アイコンタクトやおもちゃの交換など、さまざまなシーンで役立つ魔法のような方法なんです。すぐにできるので、さっそく取り入れて愛犬ともっと仲よくなりましょう! しつけトレーナーの西川文二先生に教えていただきました。

ハンドフィードとは「愛犬に飼い主さんの手から直接フードを与えること」

ハンドフィードとは愛犬の食事を、フードボウルから与えるのではなく、飼い主さんの手から直接与えることをいいます。ハンドフィードは、しつけや苦手克服、愛犬をほめたいときなどさまざまなシーンで使えます!

「アイコンタクト」したいとき

アイコンタクトは指示する前など、飼い主さんに集中させたいときに使います。ハンドフィードで、愛犬の目線が飼い主さんのほうへいくように導きましょう。
1.フードを握った手を愛犬の鼻先に近づける

愛犬と向かい合わせの状態になったら、1粒~数粒フードを握りこみ、その手を愛犬の鼻に近づけます。

2.愛犬が手に注目したら手をあごの下へ

フードのニオイに気づき、愛犬が手に集中したら、手をゆっくりとあごの下へ持っていきましょう。

3.愛犬が飼い主さんの目を見たらハンドフィード

飼い主さんと目が合い、アイコンタクトができたら、「イイコ」などのほめ言葉をかけてからハンドフィードをします。スムーズにできるようになったら、1でフードのニオイをかがせる直前に愛犬の名前を呼ぶようにします。すると、名前を呼んだだけでアイコンタクトができるようになります。

「おもちゃの交換」を教えたいとき

交換は、おもちゃや誤食しそうなものを口から離してほしいときに使います。おもちゃよりも魅力的なフードに注目させ、自然に離してくれるように練習しましょう。
1.引っ張りっこできるおもちゃで遊ぶ

愛犬が落ち着いているときに、引っ張りっこできるおもちゃを床に下ろし、左右に振って遊びに誘います。おもちゃをくわえたら、前後左右に動かして遊びにのらせましょう。

2.愛犬の興奮が高まってきたら手にフードを用意

遊んでいるうちに、愛犬がうなり始めたり、首を左右に振り始めたりします。これらの行動は、興奮が高まっているサイン。このタイミングで手にフードを握り、ハンドフィードの準備をします。

3.フードのニオイをかがせ、愛犬が口からおもちゃを離したらハンドフィード

おもちゃの動きを止めて、フードを握った手を愛犬の鼻先に近づけます。そのまま待つと、フードのニオイが気になり、口からおもちゃを離すので、「イイコ」とほめてハンドフィードをします。
※フードと交換する直前に「チョウダイ」と声をかけると、やがて「チョウダイ」の声に反応して、くわえているものを離すようになります。

「抱っこ」するとき

ハンドフィードで手に注目させている間に抱き上げると、犬が暴れずにスムーズに抱っこすることができます。抱っこが苦手な犬も、この方法で練習してみて。
1.フードのニオイをかがせて飼い主さんの横へ誘導

右手にフードを持ち、愛犬の鼻先に近づけてニオイをかがせます。愛犬がニオイに気づいたら、そのまま手を動かし、抱きやすくなるように飼い主さんの左側へ誘導します。

2.ニオイをかがせながら、もう一方の手で愛犬の体を抱える

愛犬を飼い主さんの左側につけたら、フードのニオイをかがせたまま、左手で体を包み、密着するように飼い主さんのほうへやさしく引き寄せます。

3.そのまま持ち上げたら、ハンドフィードをする

フードのニオイをかがせたまま、愛犬のおなかのほうまで手を回してゆっくりと持ち上げます。おとなしく抱っこができたらハンドフィードをしてほめて。

このほか、ハンドフィードは飼い主さん以外の人や苦手なものに慣れさせたいときなどにも有効です。愛犬ともっと幸せな生活を送るために、積極的に取り入れてみてくださいね!

お話を伺った先生/「Can! Do! Pet Dog School」代表 西川文二先生
参考/「いぬのきもち」2023年6月号『絆が深まるハンドフィードをやってみよう』
撮影/尾﨑たまき
文/いぬのきもち編集室
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル