top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

無防備な姿で眠る生後3カ月の子猫、5年後のいまは「弟猫思い」なお姉ちゃんに 成長ぶりが微笑ましい

ねこのきもち WEB MAGAZINE

愛猫の成長を振り返ると、いろいろな思いが込み上げてグッとくることもあるでしょう。

今回紹介するのは、Instagramユーザー@mugihime0322さんの愛猫・むぎちゃん(取材当時5才)の成長エピソード。こちらの写真は、生後3カ月の頃のむぎちゃんの様子です。飼い主さんがソファに座っていると、むぎちゃんが隣にやってきてそのままお昼寝を始めたといい、いつの間にかこのような状態で寝ていたのだとか。

おなかを出して無防備な姿で眠る、むぎちゃん。まだ家に迎えて間もない頃に撮った一枚のようですが、リラックスするむぎちゃんの姿からはのびのびと暮らしていることが伝わってきますね!

5年後には

あれから5年の月日が経過し、むぎちゃんは5才に。すっかりとおとなの美猫に成長していました! むぎちゃんの成長について飼い主さんはどう思っているのか、お話を聞きました。

飼い主さん:
「むぎは6姉妹の末っコで、姉妹たちよりも少し小さな体で産まれました。私は動物を飼った経験がない新米ママでしたので、この小さなコを大切に育てるのに必死でした。お迎えしてから病院通いが続き不安なこともありましたが、むぎは注射されても鳴かないとっても強いコで勇気づけられていました。辛い闘病期間もありましたが、それも一生懸命乗り越えてくれたすごく強いコです」

ほかにも、「おとなになったな」と感じるエピソードが


甘えん坊で人なつっこい性格だという、むぎちゃん。遠くにいても呼んだら必ず来てくれたり、来客があっても逃げずにお客さんの足にスリスリしたりと、サービス精神が旺盛なのだとか! また、頑固な一面もあるといい、こんなエピソードが。

飼い主さん:
「おもちゃで遊んでほしい、入室禁止の部屋に入りたい、なでてほしいなど、自分がやりたいことはかなりしつこく主張してきますね(笑)」

そんなむぎちゃんですが、2才の頃に弟猫・凪(なぎ)くん(取材当時3才)が家族に加わり、お姉ちゃんになりました。それまでのむぎちゃんは家族の愛を独り占めしていたため、凪くんの存在に最初は戸惑っている様子だったそうですが、すぐに嬉しい姿が見られるようになったといいます。

飼い主さん:
「ヤンチャな弟の凪が高いところに登ると、むぎは『ちゃんと降りられるだろうか』というように下から見上げて心配そうにしていました。凪がトイレに行くと、ちゃんとできるかそばで見守っていたことも(笑) 甘えん坊だったむぎは、凪を迎えたことですっかりおとなになりました」

むぎちゃんへの思い

大好きな飼い主さんご家族や凪くんと一緒に、むぎちゃんはのびのびと暮らしています。むぎちゃんの存在について聞くと、飼い主さんは「私にとってすべてが特別なコ」だといい、「初めて迎えたコなので思い入れが強いです」と話します。そんなむぎちゃんへの思いを、飼い主さんは次のように話していました。

飼い主さん:
「お迎え初日の夜にむぎと一緒に寝室で寝たときに、猫の喉の鳴らす音を初めて聞いた私は『どこか変になっちゃったのか』と心配で心配で…。リラックスして甘えてくれているんだってわかったときの嬉しかった気持ちを、いまでも鮮明に覚えています。病気とも一緒に闘って、しんどい思いをたくさんしているので、このコがこの先も幸せな猫生を送れるように精一杯尽くそうと思っています」

写真提供・取材協力/Instagram(@mugihime0322さん)
※この記事は投稿者さまにご了承をいただいたうえで制作しています。
取材・文/雨宮カイ
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル