top_line

みんなで応援しよう!「ラグビーW杯」最新ニュースはコチラ

予期せぬ妊娠は男性のせい?書籍『射精責任』が話題 「養育費の差し押さえなど、男性も逃げられないようにするべき」

ABEMA TIMES

 今、世界9カ国で翻訳されたある書籍が話題になっている。タイトルは『射精責任』(原著:ガブリエル・ブレア、翻訳:村井 理子/太田出版)だ。書籍にはこう書かれている。

【映像】避妊方法の種類と特徴

「セックスをするから望まない妊娠をするのではありません。望まない妊娠は男性が無責任に射精をした場合にのみ起きるのです」

 同書では、男女の身体の仕組み、避妊具の手軽さの違い、出産、子育ての現実などあらゆる角度から避妊をしない男性への訴えがつづられている。

 中には「共感したし、モヤモヤが晴れて勇気づけられた」「タイトルみて驚いた人ほど読んでほしい」と共感の声が上がる一方、「女性も避妊できるし断ることもできる」と、すべてを男性の責任にすることに批判的な声もあがっている。

広告の後にも続きます

 仙台のNPO法人「キミノトナリ」では、思いがけない妊娠で悩む女性たちの支援活動をしている。ニュース番組「ABEMA Prime」が代表の東田美香氏を取材すると、この日は以前から支援している女性(20代前半)と共に区役所に向かっていた。

 女性は、彼氏と別れた後に妊娠が発覚。産むか産まないか、親の説得、産んだ後どう育てるか。悩みに悩んで、一人で産み育てる決意をした。区役所で出生届を提出した女性は「まずは一旦、手続きが一段落したのでちょっと心が軽くなりました」と話す。

 これまで無責任な射精をする男性たちを見てきた東田氏。「『ゴムしてって言ったんだけどしてくれなくて断り切れなかった』っていうのはよくある。妊娠検査薬で陽性が出たって送ったら『ごめん受け止めきれない』の一言でLINEをブロックされて終わり。私たちのところにご相談を寄せてくださるのは女性が9割だ。ちゃんと責任をとれる男性がいるのも分かるが、この活動だけをやっていると本当にろくでもない男しかいない。避妊を頼んだのにしてもらえなかったというお話は多い」と嘆く。

 実際に新生児の遺棄事件も相次いで起こっている。東田氏は「遺棄事件は、誰にも相談できなかった結果、起きている」と話す。

「『誰にも相談できない』のはなぜか。こんなにネットが発達して、ちょっと調べれば相談機関が出てくる。でも、その人の生育歴だったり、今まで人に相談してろくなことがなかった、大人は誰も助けてくれなかったと負の経験を重ねていると、もう誰にも相談できない。それで産んだ結果、遺棄してしまった人が多い」

 同書では「排卵はコントロールできないが、射精は違う」「男性用避妊具は、驚くほど簡単に手に入る」「女性は妊娠から途中退場できない」などの訴えが「28個の提言」としてまとめられている。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル