top_line

【クイズ】航空機や船が次々と消える…
「〇〇〇〇トライアングル」といえば?

「VIVANT」意味深ラストに騒然…赤の別班饅頭「続編への布石?」

シネマトゥデイ

続編はあるのか…? – 「VIVANT」最終話より – (C)TBS

 17日、堺雅人が主演を務めるTBSの日曜劇場「VIVANT」(毎週日曜夜9時~)最終話が放送され、続編を匂わせる意味深なラストにネットは騒然となり、「続編への布石?」「映画かシーズン2に続く?」といった声が続出している。(以下、最終話のネタバレを含みます)

 「VIVANT」は、「半沢直樹」などで知られる福澤克雄監督が原作・演出を担当したアドベンチャードラマ。国内外で諜報任務を行う特殊部隊「別班」に所属する主人公・乃木憂助(堺雅人)が、謎のテロ組織「テント」の真相を暴くさまを、阿部寛、二階堂ふみ、松坂桃李、二宮和也、役所広司ら主役級キャストを迎えて描いてきた。

 任務を終えた乃木は、神田明神で柚木薫(二階堂ふみ)とジャミーン(ナンディン-エルデネ・ホンゴルズラ)と再会を果たす。感動の再会も束の間、乃木の別人格“F”が「おいおいおい、いいところ悪いけどよ、憂助。そろそろ見た方がいいんじゃないの? 置いてあるぞ」と助言。乃木の視線の先にある、赤の別班饅頭(まんじゅう)が映し出されたところで、ドラマは幕を閉じた。

 ドラマ公式X(旧Twitter)では以前、別班饅頭について「別班の緊急招集の連絡方法は、赤の別班饅頭を指定の神社に置くこと。乃木は神田明神、(司令の)櫻井は布多天神社に毎朝お参りをして常に祠の確認をしています」と解説していた。ラストシーンを受け、SNSでは「早くも次の任務か」「召集=シーズン2ってこと?」「続編待ったなし!」など続編を期待する声で溢れている。(編集部・倉本拓弥)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル