top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

役所広司、『VIVANT』2人の“息子”を絶賛 最終回は「積み上げてきたすべてが絡んでくる」

Real Sound

「以前、CMで共演した時に『いつかドラマでご一緒したいですね』と話していて、それが実現したのがとても嬉しいです。『VIVANT』というドラマの大黒柱ですから、背負っているものも大きいと思いますが、彼はそれにふさわしい俳優さんだと思います。しっかりと根を張っているといいますか、そういう信頼感は、僕たち共演者たちも感じているのではないでしょうか。堺君が毎回テストから本番に向けて、本当に素晴らしい芝居をしているので、周りもそれに引っ張られて緊張しますし、スタッフも失敗できないという雰囲気にもなります。堺君が福澤チームの中でいつも中心にいることがとても理解できます」

 同じく“息子”であるノコル役の二宮和也については、「さすが」と絶賛。

「映画の受賞式で挨拶をしたことがある程度でしたが、彼の作品を観て以前から素晴らしい俳優さんだということは知っていました。物語全体の中で、ノコルという役が、どうすればキャラクターとして存在できるのかということを、貪欲に作り上げていく二宮君はさすがだと思いましたね。乃木への嫉妬や、自分の欠点も含めて人間的に表現していて、このドラマは、二宮君演じるノコルも成長している物語だとも言えるのではないかと思います。彼はそこを細かい計算をしながら、ノコルという人間の人生を生きているような気がしますね。待ち時間はのんびりと喋っていますが(笑)」

 最後に最終回へ向けて視聴者へ向けて次のようにメッセージを送った。

「原作者である福澤監督が、最終回にもいろいろな仕掛けを入れているので、ハラハラドキドキしていただければと思います。冒険の物語の中にも人間ドラマがあり、第1話から積み上げてきたすべてが絡んでくる第10話。余韻が残り、まだ先を知りたいと思える最終回なのではないでしょうか」

広告の後にも続きます

(文=リアルサウンド編集部)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル