top_line

【クイズ】12月8日は「御事納め」。
縫い針を豆腐やこんにゃくに刺す行事を何と呼ぶでしょう?

福田美蘭の「新しい美術」の世界が炸裂! 「開館35 周年記念 福田美蘭―美術って、なに?」名古屋市美術館にて開催!

cinefil

 カバー画像 福田美蘭《松竹梅》2017 年、アクリル・パネル、千葉市美術館蔵

このたび、名古屋市美術館では、2023 年9月23日(土・祝)から11月19日(日)まで
特別展「開館35 周年記念 福田美蘭―美術って、なに?」が開催されます。

福田美蘭(1963-)は、東京藝術大学大学院を修了後、具象絵画の登竜門といわれた安井賞を最年少で受賞し、国内外で活躍を続ける現代美術家です。
現代社会が抱える問題に鋭く切り込み、ときにユーモアを添えて絵画化して見せたり、意識して「もの」を見ることを促したり、東西の美術、日本の伝統、文化を、意表を突くような手法であらわし、私たちの既成概念を打ち破り、そして現在も、絵画の新たな可能性に挑み続けています。

本展では、1980年代の初期から近年までの福田美蘭の作品約50点が紹介されています。
構成は次のようになっています。
序章 福田美蘭のすがた
第 1 章 名画―イメージのひろがり
第 2 章 名画―視点を変える
第 3 章 時代を見る

古今東西の名画に福田ならではのユニークな視点で向き合った作品から、国内外の時事問題をテーマに鋭い視点で切り込んだ作品まで、福田美蘭の世界観をご堪能頂けます。
本展のために新たに制作された、現在の世界情勢を映した新作も公開されています。
是非、この機会に福田美蘭の「新しい美術」をご覧ください。
それではシネフィルでもいくつかの作品をご紹介致します。

広告の後にも続きます

福田美蘭《志村ふくみ《聖堂》を着る》2004 年、アクリル・パネル、滋賀県立美術館蔵

福田美蘭《帽子を被った男性から見た草上の二人》1992 年、アクリル・パネル、
高松市美術館蔵

本作はマネの《草上の朝食》を画中の帽子を被った男性から見て描いたもので、新しい感性が感じられます。
《ゴッホをもっとゴッホらしくするには》、《ミレー“種をまく人”》など、かの有名な名画も福田は大胆にリメイクしています。

福田美蘭《ポーズの途中に休憩するモデル》2000 年、アクリル・パネル、富山県美術館蔵

《ポーズの途中に休憩するモデル》はレオナルド・ダ・ヴィンチの《モナ・リザ》の制作現場を想像し、モデルが休憩しているところを絵にした作品です。
名画に対する先入観や既成概念を覆す福田の斬新な発想は、私たちを名画に、より親しませてくれるでしょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル