top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「18日間危篤」で死亡確率70%…阪神ファンの道頓堀ダイブで大仁田厚の“瀕死エピソード”が再燃

女性自身

 

NHK WEBが15日午前に報じた記事によれば、今回は26人がダイブ。前回の優勝時より減少したが、18年経ってもゼロになることはなかった。

 

「’03年の優勝時にはあまりにも川が不衛生だったため、ダイブした人たちから体調不良を訴える人が相次ぎました。当時よりも水質は改善されているといいますが、現在も酒に酔った人が道頓堀川に嘔吐したり、立ち小便したりする人も目撃されています」(全国紙記者)

 

広告の後にも続きます

 

■物議を醸す道頓堀川ダイブに、ネットでは大仁田厚の“瀕死エピソード”が再燃

 

道頓堀川ダイブが物議を醸すなか、ある有名人の“体験談”がネット上で再燃しているのだ。その人物とは、プロレスラーの大仁田厚(65)。

 

さかのぼること’13年2月。対戦相手・曙(54)とのメガトン電流爆破マッチ第2弾「なにわ大花火」の直前会見で、「負けたら道頓堀川に飛び込む」と宣言した大仁田。その際、過去のダイブ体験を振り返っていた。

 

「大仁田さんは’92年12月に、大阪で開催されたFMW『世界最強ストリートファイト・タッグリーグ戦』の決勝戦で勝利。真冬にもかかわらず、大勢の人々やメディアが見守るなか道頓堀川にダイブしたのです。しかし、傷口にばい菌が入ったことで重症に……。会見では『18日間危篤だった』と明かし、“死亡する確率は70%だった”と瀕死状態だったそうです」(スポーツ紙記者)

 

そんな“武勇伝”を語った大仁田は、「なにわ大花火」で曙に勝利。道頓堀川へダイブすることはなかった。

 

「大仁田さんは『勝っても負けても道頓堀に行くつもりだった』と、ダイブを決行する気でいました。ですが大阪府警から『飛び込んだら逮捕します』とのお達しがあったそうで、取り止めになりました」(前出・スポーツ紙記者)

 

大仁田の壮絶な“瀕死エピソード”を思い返す人も多かったようで、ネット上ではこんな声が上がっている。

 

《道頓堀ダイブといえば危篤になった大仁田を思い出した》
《大仁田厚を半殺しにする道頓堀川こわっ》
《道頓堀に飛び込んだ大仁田は感染症で死にかけたんだぞ。飛び込むところは見てました》
《阪神ファンのみなさん、うれしいのはわかるけど、その昔、大仁田が道頓堀川に飛び込んでキズから雑菌が入り、ノドに膿がたまる→呼吸困難→敗血症になり、○ぬ寸前までいったことがあるから飛び込んじゃダメよ》

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル