top_line

旧ジャニーズの新会社名が決定!
関連ニュースはここからチェック

影山優佳、番組恒例「影ちゃんの決めポーズ」でジャガーポーズを大公開 「それを選んできたか! 素晴らしい」『ABEMAスポーツタイム』出演

Pop’n’Roll

元日向坂46の影山優佳が、9月10日(日)22:00より生放送されたスポーツ番組『ABEMAスポーツタイム』に出演した。

『ABEMAスポーツタイム』は、“スポーツの熱狂を先取りする”ことを目指す新感覚のスポーツ番組。現在、ABEMAで生中継しているメジャーリーグベースボール(以下、MLB)を中心に、サッカーなど注目スポーツの最新情報を毎週日曜22:00から生放送でお届けしている。今回の放送回では、番組のスペシャルサポーターを務める元日向坂46の影山優佳、サッカーのメインコメンテーターとして元サッカー日本代表の槙野智章、野球のメインコメンテーターとして元メジャーリーグ選手の川﨑宗則が出演した。

サッカーコーナーでは、この日に行われたドイツ代表との国際親善試合で、日本代表が快勝した話題をお届け。影山は“90分間ワクワクしっぱなしだった。戦術のバリエーションはもちろんのこと、選手個人のレベルアップやスキルアップをひしひしと感じた”と興奮冷めやらぬ様子。槙野も“<FIFA ワールドカップ カタール 2022>でのドイツ戦勝利から、守備の仕方や攻撃のバリエーションのどれをとっても、選手個々の能力やチーム力が劇的に上がっていた”と評価した。

「試合のMVP」を問われた影山は“攻撃面でインパクトを残していた久保建英選手”と名前を挙げると、“冷静さがすごい。ドイツからしてみれば、自分たちが窮地に立った場面で、1人で抜け出してあのパスを選択されると、メンタルがやられるだろう。久保選手はクレバーだと改めて感動しました”と絶賛。一方で、槙野は“僕のMVP選手は冨安健洋選手。1対1の局面で身体を張って守っていた。その力強さが最高だった”と拍手を贈った。

さらに、番組恒例の「影ちゃんの決めポーズ」では、国際親善試合で久保選手と浅野拓磨選手が披露した「ジャガーポーズ」を大公開。槙野は“それを選んできたか! 素晴らしい”と影山の着眼点に感心の声をあげた。

MLBコーナーでは、レギュラーシーズンも終盤となり、まもなく迎える「プレーオフ」に着目し、プレーオフにまつわるクイズを実施。サッカーの豊富な知識で視聴者を驚かせる影山でも、MLBコーナーのクイズでは鳴りを潜めるのが約束の展開。この日もコーナーの冒頭から“MLBは15球団くらい? 日本の球団は1リーグ8球団ですよね?”と回答。槙野から“MLBは倍の30球団ですよ! 日本も1リーグ8球団じゃないですからね”と釘を刺されると“あれれ?”と照れ笑いを見せた。

まずは、ワールドチャンピオンになったチームへ贈られる賞金の金額を予想するクイズを出題。槙野は“当てちゃっていいんですか? 100億円!”と即答するも、正解は“43億円(2022年優勝時)”。影山は“あれだけバラエティ番組に出てるのに!”とツッコミを入れると、槙野は“俺、上すぎるって!「少ないよ!」のツッコミ待ちだったのに、何をしてるんだ……”と頭を抱えた。

続いて、“カブスがワールドチャンピオンになるのを阻んだ「呪い」とは一体何?”と出題。難問に苦しむ影山は“ここでサッカーの豆知識なんですけど、ファンがオウムをピッチに連れて行っちゃって、オウムが鳴いたことでイエローカードが出されたことがあるんです”と突然の時間稼ぎ。その後、“カラスがボールを持って行っちゃった”と回答するも、正解は“ヤギの呪い”と発表。槙野は“「ペットだよ」ってヒントのパスを送ったのに、まさかカラスが来るなんて……(笑)”と“珍回答”をイジると、影山は“「100億円の男」に言われたくないですよ(笑)”とツッコミ返しをし、息のあった掛け合いを見せた。

2人の仲睦まじい攻防に、視聴者からは“「カラスの女」に「100億円の男」の組み合わせはオモロすぎる!”と大ウケする声が寄せられると、影山は“「カラスの女」は嫌! 「100億円」の方がいい!”と顔を覆った。

(C)AbemaTV,Inc.

(C)AbemaTV,Inc.

『ABEMAスポーツタイム』

広告の後にも続きます

#9放送日時:2023年9月3日(日)22:00~22:30 ※生放送

■出演者
・スペシャルサポーター
影山優佳

・メインコメンテーター
川﨑宗則
槙野智章

・進行MC
西澤由夏

 
   

ランキング

ジャンル