アン・ジュンの展覧会『One Life』、渋谷・CASE TOKYOで開催 死生観のメタファーを表現
アン・ジュンの展覧会『One Life』、渋谷・CASE TOKYOで開催 死生観のメタファーを表現
アン・ジュンの展覧会『One Life』が、2018年12月15日(土)〜2019年2月2日(土)まで、東京都渋谷区のC...

アン・ジュンの展覧会『One Life』が、2018年12月15日(土)〜2019年2月2日(土)まで、東京都渋谷区のCASE TOKYOで開催される。

本展では、アンの同名作品集の刊行(Case Publishing/2018年10月)を記念し、作品集収録作品のプリントとともに、「刷り出し」「色見本」「束見本」といった、作品集の制作過程でしか見ることができない付随物を同時に展示する予定だ。

本書は、2013年から2018年まで、ソウルを皮切りに、日本、トルコ、アラブ首長国連邦、イギリス、アイルランドなど世界各地で撮影された作品88点を収録している。 自身の家族によって投げられたリンゴが空中にある瞬間をハイスピードシャッターにより撮影。作品編集の過程では、落ちるべき運命と重力に逆らったまま空間が停止していることを示唆するイメージのみを選択し、文脈が失われた瞬間に生み出される超越性を露わにしようと試ている。それは祖父の死を境に作家のなかに芽生えた死生観のメタファー「死に向かう過程としての生」を、写真という形で私たちに提示しているといえるだろう。

どうすれば生と死を目に見える形に置き換えられるのだろうか?
生への理解が私たちに内在する“恐れ”を和らげることはないだろう、だからこそ偶然と必然が運命のように交差する時に生み出される「一瞬」が美しい。
ーアン・ジュン

(更新日:2018年12月22日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME