『ファイナルファンタジー』作曲家・植松伸夫が休養より復帰 カンレキ(還暦)を祝うコンサートでは名曲を多数披露

『ファイナルファンタジー』作曲家・植松伸夫が休養より復帰 カンレキ(還暦)を祝うコンサートでは名曲を多数披露
ロールプレイングゲームの金字塔『ファイナルファンタジー』シリーズをはじめ数多くのゲーム音楽を手掛...

ロールプレイングゲームの金字塔『ファイナルファンタジー』シリーズをはじめ数多くのゲーム音楽を手掛ける作曲家・植松伸夫。その作品を集めたコンサートが1月5日に東京芸術劇場コンサートホールで新年早々開催される。

『UEMATSU WORKS~ノビヨ、カンレキ!~』と題されたこのコンサート。ノビヨとは植松氏の愛称とのこと。植松氏2019年はカンレキ(還暦)。その代表的な作品と、ルーツともいえる今までに聴いてきたクラシック音楽。それらが迫力のオーケストラ・サウンドで一気に聴けるこのコンサート。年内休養が発表され、その復帰が待ち望まれていたが、この度1月5日のコンサートから復帰を表明。あわせて、植松氏自身がセレクトしたプログラムのすべてが発表された。

まずは代表作の『ファイナルファンタジー』から「FFⅦメインテーマ」、「FFⅥティナのテーマ」、「FFⅣゴルベーザ四天王」、「FFⅦエアリスのテーマ」。そして、ゲームクリエイター坂口博信が率いるミストウォーカーでの作品『ロストオデッセイ』の「メインテーマ」、同じくミストウォーカーでの作品『ラストストーリー』から「メインテーマ」、『ブルードラゴン』から「メインテーマ」が発表されている。

更に最近の植松氏のお気に入りとして、ゲームだけでなくアニメなどにも展開されている『グランブルーファンタジー』の「メインテーマ」に加え、今回の演奏会開催にあたり、ぜひ演奏してほしいとの願いで取り入れられた『オーシャンホーン』の「メインテーマ」、栗本薫の大著『グイン・サーガ』のアニメで使われた「グランドオープニング」も。これに加えて、植松氏が聴いてきたクラシックの作品ということでラフマニノフ、チャイコフスキー、ラヴェルの小品があわせて演奏される。

植松氏からは「 皆様、ご心配をおかけしました!1月5日東京芸術劇場でのコンサートでお会いできるのを楽しみにしています!― 植松伸夫」とコメントも到着している。

指揮にはゲーム好きで知られる竹本泰蔵、スペシャル・ゲストはもちろん植松伸夫、オーケストラ東京交響楽団ととなっており、新春1回目のコンサートとして聴きのがすことはできないコンサートだろう。

更新日:2018年12月22日
提供元:SPICE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME