top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

千原ジュニアにホンネをブチまけた「酒場の会話作法」/ブサイク芸人「ほんこん伝説」②

アサ芸プラス

 ブサイクばかりに目がいってしまうが、実はほんこん、芸人界の作法にうるさい。そのため、後輩たちからは、やや敬遠されているかもしれない。

 近年、サーフィンにハマッていて「ほんこんサーフィンクラブ(HSC)」を立ち上げた。ステッカーまで作ったが、後輩芸人がついて来ない。サーフィン経験者のライセンス・藤原一裕やトータルテンボスの藤田憲右を何度も誘っているが「タイミングが合わなくて…」と断られ続けている。はたして後輩には人望が薄いのか…。

 千原ジュニアは先輩に怒られることがめったにないが、ほんこんには一度、怒られたことがある。駆け出し時代、普段はほんこんの相方である板尾創路とばかり飲みに行っていたジュニアだが、たまたまほんこんと2人で飲みに行くことになったという。ジュニアが振り返る。

「板尾さんと喋らせてもらってる時と同じ感覚で、いろいろ『それは違うんじゃないですか』とか言うてたわけ。ほんなら『お前、えらい歯向かうな』みたいなことを言われて」

 それでもジュニアは弁解したという。

広告の後にも続きます

「いやいや、違うんです。先輩とこうやって一緒に飲んでて。なんでも『はい、はい』言う後輩と飲んでるよりも『それは違うでしょ』『僕はこう思いますけどね』ってヤツと飲んでるほうが楽しいじゃないですか』」

 ところがほんこんは、それをシャットアウト。

「俺はな、『はい、はい』言うヤツと飲みたいんや!」

 後輩の前でも格好をつけずに、本音を隠さない男なのである。

(坂下ブーラン)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル