top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

Gボンバー・鬼龍院翔がぶっちゃける「女々しくて」大ヒットで14年経っても「ウハウハ印税生活」

アサ芸プラス

 あの大ヒットから14年が経過した今もなお、悠々とした印税生活を送ることができる。なんともうらやましい境遇にあるのが、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔だ。8月29日の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で語ったところによれば、その源は2009年の曲「女々しくて」だった。

「ヒット曲がひとつあるってすごい。うらやましい」

 明石家さんまがそう言うと、鬼龍院は次のように告白した。

「ずっと食っていけますから。カラオケ印税がある。稼働しなくても入ってきます」

 これには、さんまが「嘘やん!俺も曲を作るわ!」とズッコケるのも当然だった。

広告の後にも続きます

 かつてロックバンドのメンバーとして名をはせた芸能関係者が言う。

「鬼龍院の場合は作詞作曲、歌唱印税、カラオケ印税のほとんどをもらえることが大きく、原盤権もインディーズレーベル兼事務所が保有している。そのため、リターンが大きいのです。『女々しくて』ほどではないにしても、シングル曲が累計10万枚くらい売れて、卒業をテーマとした曲なら1月から3月はとにかくカラオケや有線でよく流れる。結構な金額になりますね。振り込みは3、4カ月ごとにありますが、月平均20万円ぐらいの収入にはなる。鬼龍院が労せずして富を得るのは、本当の話ですよ」

 音楽業界が廃れて久しいといわれるが、まだまだ「狙える」世界なのだった。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル