top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

鬼龍院翔 母が本誌に明かしていた「貯金数億円」を生んだキーボードの秘密

女性自身

ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のボーカル・鬼龍院翔(39)が2023年8月29日、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、ヒット曲『女々しくて』の印税について語った。

 

番組で明石家さんま(68)が「カラオケ印税で生活はかなり裕福にできるの?」と質問すると、鬼龍院は「まったく働かなくても」と答えて出演者たちを驚かせた。

 

「デビュー二年目の’09年にリリースしたシングル『女々しくて』は、オリコンの週間カラオケランキングで五十一週連続1位を記録。これは米津玄師さんの『Lemon』、優里さんの『ドライフラワー』に続く歴代3位の記録です。当時は印税だけで月1千万円以上の収入があったと明かしていました。

広告の後にも続きます

 

現在『女々しくて』はカラオケの人気曲として定着しています。作詞・作曲をした鬼龍院に入る印税は1回4~5円と考えると、最盛期ほどではなくても年間1~2千万ほどの収入になるのではないでしょうか」(音楽ライター)

 

この曲で得た収入をしっかり貯め込んでいるという話も。‘20年、鬼龍院はバラエティ番組『マルコポロリ!』で、ドラムの樽美酒研二(42)から「この間、貯金が12億円いったんだよね?」とボケられ、「そこまでは……」と否定。

 

しかし、貯金額について「東京のマンション何戸くらい買えそう?」と聞かれると、テロップで首都圏の新築マンション平均購入額が5,469万円と出されたうえで「30部屋くらいは……」と回答。これに月亭八光(46)も、「さっきの12億円もまんざらウソじゃなさそう」と話していた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル