top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

有吉弘行「レギュラー番組1つだけ」の時代にやっていたこと

SmartFLASH

 そこからは、「俺はこんなにおもしろいんだ!」「誰よりも俺は努力している。絶対、売れるんだ」という魂の叫びが聞こえてきました。

 

 有吉の弟も芸人をやっていたんですが、弟によると「絶対、俺が一番おもしろいんだ!」と、売れないころから、いや子供のころから、いつも言っていたそうです。

 

  売れていったタレントさんを何人も見てきていますが、そういう方は自分のことを信じていますね。自信があるというのではなく、自分が売れると信じている。疑っていないから、どんな状況にいても、真剣勝負をしている。有吉にも、同じような確固たる信念を感じていました。

広告の後にも続きます

 
 そして、そのための努力も惜しまない。飲むことがすごく好きなんですけど、収録が終わると、家に帰って、誰よりもテレビを観ているようですからね。ちょっとは飲んでるでしょうが(笑)。

 

 このタレントはどういういじり方をされているとか、どういう売りなのかとかを勉強して、自分は違うやり方をやっていこうという下準備をしている。昔から、壮絶なる下準備をする男でしたが、そこも変わっていないと思います。

 

 彼はいまも、現場に誰より早く入るらしいです。僕らの番組のロケのときも、集合時間の30分前には来ていました。「何かあったときに準備ができるからね」と言っていたけれど、MCでも何でも、何かあったときのためのことを考えているんです。下調べも準備も怠らないヤツなんですよ。

 

 確固たる自信を持って、努力を惜しまない。何かあったら、というのは、自分がブレイクしたらどういう方向で仕事をしていこうということも考えていたと思います。つまり、ブレイクしたときの準備をずっとしていたということです。

 

『KEN-JIN』『KEN-JIN DX』はボクがプロデュースしていて、キャスティングも担当していたんですけど、有吉は欠かせない存在でした。売れたことがない人よりも、人間的な深みがあって、断然、おもしろいんですよね。彼と8年間を過ごして、自分にとっても、すごく勉強になりました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル