top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「声もしゃべり方も今と全然違う」中学生時代の「あの」は天然キャラではなかった

アサ芸プラス

「あのちゃん」といえば、独特の声質と語り口で突如として人気が爆発した「あの」だ。その不思議すぎるキャラで一般視聴者に名が知られたのは2021年後半だが、実はその芸歴は長い。

「アイドルグループ『ゆるめるモ!』に2013年から2019年まで在籍していましたが、当時から他人とは違った言動が注目されていました。グループ脱退後にあれよあれよとブレイクしてしまったことには驚きましたけどね」(エンタメライター)

 ソロアーティストとしては、2022年リリースされた「ちゅ、多様性。」などがヒット。2023年4月からは冠番組「あのちゃんの電電電波♪」(テレビ東京系)がスタートするなど、バラエティー番組やCMに活動の場を見出している。

 そんな彼女の中学生時代を「週刊女性」が報じている。記事によれば、中学時代の同級生が「昔から背が高くてスタイルもよく、顔もかわいかったから、一部の男子にはモテてました」と語っている。

 この同級生は続けて「声とかしゃべり方は今と全然違いましたし、意外とマジメな印象で、社交的な部分もありました」と、当時の印象を明かしたのだ。

広告の後にも続きます

「不思議なキャラは天然ではなく、『素』ではフツーだったということでしょうか。社交的だったというのは、現在の姿からは想像しにくいですね」(芸能記者)

 芸能界で生き残る術として、独特のキャラ設定を自身に施したということだろうか。それが自身の考えなのか周囲の大人たちの戦略なのかはさておき、その方向性は結果的に大成功だったといえそうだ。

(石見剣)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル