top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

城田優&クリスタル・ケイ「『ピピン』日本版が一番良かったねって言わせたい」

SPICE

ブロードウェイ・ミュージカル『ピピン』リバイバル版が、ついに日本人キャストで上演される。

『ピピン』はスティーヴン・シュワルツが作詞作曲を手掛け、鬼才ボブ・フォッシーによる演出と振付で、1972年にブロードウェイで初演。トニー賞5冠に輝いた名作として知られている。2013年にはダイアン・パウラス演出でリバイバル版が上演、サーカスをモチーフにした大胆かつカラフル、ド派手な演出で世間をあっと驚かせた。2015年の来日公演も大人気。きっと日本人キャストによる公演を心待ちにしていた人も多いだろう。

今回、この『ピピン』リバイバル版でピピンを演じるのは城田優。狂言回しを担うリーディングプレイヤーは、ミュージカル初出演となるクリスタル・ケイ。もともと友達同士でダンスレッスンに入った2人に、今の心境を聞いた。

ーー振付のチェット・ウォーカーさんは、城田さんについて「彼は(自分は)ダンサーじゃないと僕に言っていますが、彼はダンサーです。彼はダンスの才能があり、とても素敵なパフォーマーです。彼の仕事ぶりをテレビ等でも拝見しましたが、彼はピピンの役にぴったりだと思います。とても頑張り屋で、クリスタルとの空気感は見ていて、とても気持ちがいいです」とコメントしています。『ピピン』のダンスはフォッシースタイルが特徴ですが、ダンス稽古はいかがですか。

城田:めちゃくちゃ難しいです。僕よりクリスタル・ケイのほうが踊るシーンがたくさんあって、100倍大変だと思いますが。だから、無理なんて言っていられないと思いながら、でも無理! 稽古では、何このテンポ? って、二人で顔を見合わせています(笑)。

広告の後にも続きます

ーーこのダイアン・パウルス演出版『ピピン』は、サーカスをモチーフにしていますが、城田さんもアクロバット的な動きはありますか。

城田:登場シーンなどに少しありますね。もう、恐怖の連続です(笑)。やはりサーカスの要素がばっちり決まった上で、歌やダンスに入らないと。この半年で、できる限りのところまでたどり着きたいです。

去年、『4 Stars 2017』が終わった次の日から、『ブロードウェイと銃弾』のために、タップダンスの稽古をしまして。あなたは稽古1時間前に来なさい、稽古終わったら1時間これやりなさい! みたいなスパルタ教育で、約1カ月レッスンし、舞台上で遜色ないレベルにはタップを踏めるようになりました。観に来られた方たちに「タップ何年やってたの?」と聞かれて「1カ月です」みたいな(笑)。そんな経験があるので、シビアになりすぎず、でもしっかり取り組みたいです。


城田優



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル