top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

辰巳琢郎『少女に何が起ったか』身長差がありすぎてキョンキョンは2段の台の上に

女性自身

青春時代に夢中になったドラマの裏には私たちの知らない“ドラマ”がいっぱい。出演者ご本人を直撃し、今だから話せるエピソードをこっそりお届け!

 

【『少女に何が起こったか』(TBS系・’85年)】

 

北海道で母と暮らしていた野川雪(小泉今日子)は、母の死後、自身の出生の秘密を明らかにするため東京の東家に乗り込む。深夜0時から1時間だけピアノの練習を許されていたが、いつも川村刑事(石立鉄男)に「おい! 薄汚ねえシンデレラ」と邪魔された。

広告の後にも続きます

 

「僕にとって『少女に何が起ったか』は、NHKの朝ドラ『ロマンス』に続くドラマ出演2作目。初めて一緒に仕事をしたアイドルはキョンキョン(小泉今日子)なんです」

 

こう語るのは、俳優の辰巳琢郎さん(65)。小泉今日子が演じた出生の秘密を抱えた音大生の、憧れの指導者・大津光三を演じた。

 

「撮影に入る2カ月ほど前から、音大の大学院生3人にピアノの弾き方を教わりました。といっても本当に弾くんじゃなく、上手に弾いているように見せる特訓です。実際に出る音はひどいものだったんですが……」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル