top_line

旧ジャニーズの新会社名が決定!
関連ニュースはここからチェック

注目の現代アートとル・コルビュジエらデザインの家具を展示!TAKEUCHI COLLECTION「心のレンズ」展

マガジンサミット

東京・天王洲アイルにある現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT MUSEUM(ワットミュージアム)」(運営:寺田倉庫)にて、9月30日からTAKEUCHI COLLECTION「心のレンズ」展が開催されます。会期は来年2月25日まで。

TAKEUCHI COLLECTIONは、IT分野で活躍している竹内真氏が約5年前から収集した現代アートと家具のコレクション。コレクションのきっかけとなったパブロ・ピカソの作品から、イヴ・クラインやゲルハルト・リヒターといった時代を代表する作家から、ヴィルヘルム・サスナル、ジャデ・ファドジュティミら現在注目されている作家まで、抽象画の作品を中心に約33点を展示されます。

※ヴィルヘルム・サスナル「Untitled」2022

Wilhelm Sasnal, Untitled, 2022, oil on canvas, 228.6 × 302.3 cm, © Wilhelm Sasnal, courtesy Sadie Coles HQ, London

さらに、近代建築の巨匠ル・コルビュジエらがデザインした家具が紹介され、シャルロット・ペリアンの椅子に実際に座りながらアート作品をゆっくり鑑賞できる空間も演出されます。また、ピエール・ジャンヌレがデザインした椅子約20脚を使用したインスタレーションでは、その個体がもつ特徴を多角的な視点から堪能できます。

広告の後にも続きます

竹内氏はコレクターズノートにて、「抽象的な作品を見るとき、大凡自分と同じ世界を生きて、かつ似たようなものを見て、聞いているのにも関わらず、その彼らの心のレンズを通した結果、このような作品が生まれるのだろう、と彼らの人生の中で作り上げられた心のレンズが一体どんなものなのかを想像してしまいます。しかし、その想像の中にあるレンズもまた、自分自身が経験したものの中から考え得るレンズでしかないわけで、おそらくその予想は全て外れているのでしょう。もし、今日、誰かと一緒にこの展示を見に来ていたら、その人と同じ作品を見て、作家の心のレンズはどのようなものだと思うのか、話し合ってみてください。結局は、それはお互いの心のレンズを話し合っているようなことでもあり、それはきっと、お互いの仲をさらに深めていくことだと思います」とコメントを寄せています。

また、WHAT MUSEUM公式YouTubeチャンネルでは、「WHAT ARTIST INTERVIEW」と題して展覧会に出展する作家のインタビュー映像を。本展覧会に関するインタビューは会期中に順次配信する予定となっています。

【展覧会公式ページ】
https://what.warehouseofart.org/exhibitions/takeuchi-collection/

【WHAT MUSEUM公式YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/c/WHATMUSEUM

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル