top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

街の住みここち & 住みたい街ランキング2023 ~九州・沖縄~

マガジンサミット

●「行政サービス」の1位は、沖縄県中頭郡嘉手納町でした。

●「静かさ治安」の1位は、鹿児島県熊毛郡屋久島町、2位は、大分県竹田市、3位は、大分県杵築市でした。

●「親しみやすさ」の3位は、沖縄県中頭郡嘉手納町でした。

●「物価家賃」の1位は、宮崎県北諸県郡三股町、2位は、福岡県築上郡吉富町、3位は、宮崎県東臼杵郡門川町でした。

●「自然観光」の1位は、鹿児島県熊毛郡屋久島町、2位は、沖縄県国頭郡恩納村、3位は、福岡県太宰府市でした。

広告の後にも続きます

●「防災」の2位は、宮崎県北諸県郡三股町、3位は、福岡県八女郡広川町でした。

■調査概要

◇調査方法 株式会社マクロミルの登録モニタに対してインターネット経由で調査票を配布・回収。

◇回答者 九州・沖縄(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県)居住の20歳以上の男女、2019年~2023年 合計80,429名を対象に集計。

[男女比] 男性42.6%:女性57.4%

[未既婚] 未婚39.2%:既婚60.8%    [子ども] なし46.0%:あり54.0%

[世代比] 20歳代16.7%、30歳代25.8%、40歳代25.2%、50歳代19.4%、60歳代10.2%、70歳代2.8%

◇調査期間 2023年2月17日(金)~3月15日(水):2023年調査(回答者数:20,704名)

2022年3月8日(火)~3月29日(火):2022年調査(回答者数:19,189名)

2021年3月17日(水)~3月30日(火):2021年調査(回答者数:15,905名)

 2020年3月17日(火)~4月3日(金):2020年調査(回答者数:16,790名)

2019年3月26日(火)~4月8日(月):2019年調査(回答者数:7,841名) 計80,429名

◇調査体制 調査企画・設問設計・分析:大東建託賃貸未来研究所 宗 健(フェロー)、調査票配布回収:株式会社マクロミル

◇回答方法 住みここちランキングは、現在居住している街についての「全体としての現在の地域の評価(大変満足:100点 満足:75点  どちらでもない:50点 不満:25点 大変不満:0点)」の平均値から作成。住みたい街ランキングは、入力された自治体名をもとに複数の候補を表示し選択してもらうフリーワード・サジェスト方式の回答から投票数を集計して作成。

■ 解説者プロフィール

宗 健(そう たけし)

麗澤大学教授 博士(社会工学・筑波大学) ITストラテジスト

大東建託株式会社 賃貸未来研究所 フェロー

1965年北九州市生まれ。1987年九州工業大学工学部卒業、株式会社リクルート入社。通信事業部、求人系インターネットサービス企画マネジャー、ForRent.jp編集長、ISIZE住宅情報編集長、R25式モバイル編集長などを経て、2006年株式会社リクルートフォレントインシュア代表取締役社長。2012年リクルート住まい研究所長、2018年7月大東建託株式会社賃貸未来研究所長、2020年4月AI-DXラボ所長(兼担)、2021年4月麗澤大学客員教授を経て、2023年4月より麗澤大学教授、大東建託株式会社賃貸未来研究所フェロー。

本調査は今回が5回目となります。詳細につきましては、「住みここちランキング」WEBサイト(https://www.eheya.net/sumicoco/)

または大東建託株式会社「賃貸未来研究所」公式WEBサイト(https://www.kentaku.co.jp/miraiken/)をご参照ください。

2023年8月22日

提供元: マガジンサミット

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル