ヨーロッパ企画のカウントダウンイベント、今年は「ヨロ企にとってのM-1」の映像イベントで

ヨーロッパ企画のカウントダウンイベント、今年は「ヨロ企にとってのM-1」の映像イベントで
「21」がテーマの5分の映像バトルで、熱くて愉快な年越しを。 過去の傑作『サマータイムマシン・ブル...


「21」がテーマの5分の映像バトルで、熱くて愉快な年越しを。

過去の傑作『サマータイムマシン・ブルース』と、続編の新作『サマータイムマシン・ワンスモア』を2本立てで上演し、全国各地で満員御礼続きとなるなど、劇団創立20周年にふさわしい盛り上がりぶりを見せた、2018年の「ヨーロッパ企画」。その締めくくりとして、年末恒例のカウントダウンイベントを、地元京都で開催する。

毎年ゲーム対決や寸劇など、趣向を凝らした内容で楽しませてくれる、ヨロ企のカウントダウン。今年は劇団員・永野宗典いわく「僕らにとってのM-1」(劇団HP内の石田剛太の日記より)という映像イベント「ショートショートムービーフェスティバル(以下SSMF)」を、4年ぶりに開催する。


昨年の「ヨーロッパ企画カウントダウン2017→2018 in KBSホール」より。観客のリクエストに応えて、お蔵出しのコントを上演した。 [撮影]吉永美和子



全員が1つのテーマに沿って5分以内の映像作品を作り、それを観客たちが審査して順番を決めるSSMF。2004年の開催当初は内輪向けのイベントだったが、年を追うごとに水野美紀などの有名人が参戦したり、M-1ばりの予選が行われたりと、大規模かつシビアなものに。それに連れて作品のクオリティも上がり、永野宗典監督の『黄金』が「第1回デジタルショートアワード」総合グランプリを、中川晴樹監督の『恋する極道』が「那須国際短編映画祭2015」グランプリを獲得するなど、本職の映像作家も一目置く作品が誕生するほどとなっている。

今回のテーマは、2019年から劇団21周年が始まるのになぞらえて「21」。何とも漠然としたこのお題から、劇団員たちはもちろん、若い映像スタッフやゲストたちがどのような名(迷)作を作り上げるのか? お互いの感性と創造力を、容赦なくぶつけ合うバトルロワイヤル。その決着を付けるのは観客の投票なので、ぜひ平成最後のカウントダウンに、観客兼レフェリーとして参加しておいてほしい。

更新日:2018年12月16日
提供元:SPICE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME