top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

清原和博、甲子園バックネット裏から次男に大声援…手には亡き父の遺髪、祈り虚しく凡打に悔し顔

SmartFLASH

初戦の北陸戦後に、清原は報道陣へのコメントで、父の遺髪と数珠といった遺品とともに、勝児選手を応援していることを明かしていた

 

 執行猶予満了直後の2020年7月に公開されたとんねるず・石橋貴明のYouTube動画で、清原和博(56)は逮捕後3年以上、家族と離別したことを思い返すように「(今、ときめく瞬間は)息子のバッティングを見ているときですね」と、胸中を明かしていた。

 

 3年がたち、自身がスターとして君臨した “夏の甲子園” でも、その瞬間を噛み締めただろう。

広告の後にも続きます

 

 第105回全国高校野球選手権大会で、慶應義塾高校(神奈川)の清原勝児(かつじ)選手(18)が、再び甲子園の土を踏んだ。

 

 

“春のセンバツ” で甲子園初登場、初ヒットを放った勝児選手。そのとき清原は、次男の姿を見守り、大号泣したと明かしていた。あれから半年、今夏は県大会から応援に駆けつけ、「エンジョイ・ベースボール」を合言葉に快進撃を続ける慶應高校のように、にこやかな表情で清原はバックネット裏から声援を送っていた。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル