top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【取材】肉汁たっぷり焼売は必食!上野で本場の内モンゴル料理を味わえる「一笹焼売」

いろはめぐり

アジア料理の聖地、上野。
そんな上野で、なんと内モンゴル料理を堪能できるお店があるのをご存じでしょうか。

そのお店の名前は「一笹焼売」。店名通り焼売を中心に、ラム肉を多く使用した内モンゴル料理が味わえます。
そしてなんと今回は特別に、焼売を作る様子を見せていただきました!店主のハラチンさんにお話をうかがい、お店の魅力を探りました。

お店をリニューアルして、以前あったカウンター席をなくして全てテーブルの席にしたとのこと。 お店に飾られているこちらは内モンゴルの文字。「自由に仕事をするのは最高」というような意味だそう。

 目 次

  • 1 料理へのこだわりと内モンゴル文化への思い
  • 2 内モンゴル料理を実食!
  • 3 上野で内モンゴル料理を満喫しよう!

料理へのこだわりと内モンゴル文化への思い

「ハラチンさんが日本に来たのはいつですか。」

2014年に留学のために来ました。大学でも日本語を勉強していたのですが、きちんと話せるようになったのは日本に来てからです。

「日本でお店を開くことになったきっかけは何だったんでしょう。」

広告の後にも続きます

2年ほど前に、日本で起業したいと思っていて、何がしたいか考えたときに、内モンゴル料理を広めたいと思いました。ちょうどそのとき、このお店のオーナーから店を引き継ぐ話があり、現在は私がこの店の店主として営業しています。

実際に内モンゴルの相撲で使われる服も飾られています

「では、元々焼売を売りにしたお店を開こうと思っていたわけではなかったのですね。」

そうです。内モンゴル料理の店を開きたいと思っていましたが、そのときは焼売を中心にしようとは考えていませんでした。このお店で焼売作りを学んで、お店を引き継いだ現在はほぼ一人で焼売を作っています。

「内モンゴルにいたときから、料理をしていたんですか。」

いえ、家事は好きでしたが、料理を本格的に始めたのは日本に来てからです。外食すると高いので(笑)、家で料理を作るようになりました。

可愛い焼売のキャラクターがあちらこちらに

「このお店の焼売の特徴を教えてください。」

  • 1
  • 2