top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

あのゾッコンぶりはどこへいった…南果歩が語った辻仁成との「不可解な離婚理由」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

「私にとっては、過ぎ去った季節のこと。まずはおめでとうございます」

 南果歩がこう言ってエールを送ったのは、元夫・渡辺謙の再々婚についてだった。6月30日、舞台「これだけはわかってる」の公開ゲネプロに登場した際に報道陣に質問され、答えたのである。

 南と渡辺とは2005年に結婚、2018年に離婚したが、南は笑顔を見せながら、次のように続けた。

「誰もが幸せになるために生まれてきたので、今回の作品と共通するんですけれども、いろんな季節を経て、いろんな時間を誰かと過ごして、実りある人生をそれぞれ築いていく。私はもう同じ時間を過ごす人間ではないんですけれども、結婚したからには幸せになっていただきたい気持ちです」

 だが周知のように、2人が離婚へと向かった理由は、渡辺の浮気だ。しかも、それが乳ガンから生還後の出来事とあり、彼女としても忸怩たるものがあったことは想像に難くない。

広告の後にも続きます

 ただ、離婚理由がはっきりしている渡辺のケースとは異なり、きれいごとに終始するあまり、不可解さを拭えなかったのが、最初の夫である辻仁成との離婚劇だったように思う。

 2人は約2年半の交際を経て、1995年3月に結婚した。ロックミュージシャンから作家に転身した辻の才能に南がほれ込み、猛烈にプッシュしたことが交際のきっかけだったというが、当時の2人を知る映画関係者は、筆者の取材にこう明かしている。

「辻さんの小説を映画化するため奔走していた南は『指輪や家を買うお金があったら、1フィートでも多くのフィルムを買ってください』と告げ、その言葉に彼がほだされたと聞きましたが、とにかく彼女は筋金入りの辻ファン。会う前から好きだったけど、会ってもっと好きになったと公言していた。それはすごい熱の入れようでしたからね」

 その後、南は95年9月に長男を出産。だからこそ2000年4月10日、南からマスコミ各社に対し、突然の離婚発表のFAXが送付されてきた時には驚いた。

 南の手書きFAXにはこう記されていた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル