top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

あのゾッコンぶりはどこへいった…南果歩が語った辻仁成との「不可解な離婚理由」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

〈この度、私たち夫妻は3月30日に離婚届を提出しました。夫も妻も子供もそれぞれが独立した家庭というものを作ってきたつもりでしたが、その中で同じ物を大切にする気持ち、たったひとつでも共有する思いというものがあればいいのだと考えていました。しかし、それらの大事な接点がずれてしまったことが、大きな理由のひとつだと言えます〉

 時の流れとともに、歯車が少しずつずれてきた、ということなのだろうが、翌4月11日、テレビ局で記者会見を開いた彼女は、

「別れる現実よりも、8年間一緒に過ごした時間を大事にしたい」

 と慰謝料は拒否し、長男の養育費だけ受け取ることで合意したと語って、ハンカチを握りしめた。それが同じ時間を共有し始めてから、5年目の出来事だったのである。

(山川敦司)

広告の後にも続きます

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル