top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【台東区に現れた妖怪の話】亡骸を奪う怪異、火車|蔵前

いろはめぐり

こんにちは、とくらです。

今年の夏はびっくりするほど暑いですね。

もちろんエアコンをフル稼働にして、アイスを食べたい放題食べていますが、それでも一歩外に出れば灼熱…

こんな時はやっぱりちょっと不思議な話で心理的な涼を得ましょう!

全国津々浦々どこにでもその土地に怪異が現れたという話が一つは伝わっているものです。

広告の後にも続きます

もちろん、台東区にもたくさんの「怪異」が現れ、語られています。

今回は、浅草堀田原に現れた「火車」という妖怪のお話です。

 目 次

  • 1 火車
  • 2 火車とはどんな妖怪?
  • 3 まとめ

火車

現在の蔵前~寿の辺りには、こんな話が伝わっています。

浅草堀田原堀筑後守の屋敷で、庚申(1800年?)4月7日の昼の事。 武家屋敷の屋根の上になにか物が落ちる音がしたので、見てみると腐乱した溺死体であった。 これは「火車」というものが捨てたのだろう____

これは怖ろしい話ですね。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル