top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

滝沢秀明「僕は一番近くでジャニーさんのやり方を見てきました」“あの決断の舞台裏”を力強い言葉で語る

music.jp

滝沢秀明「僕は一番近くでジャニーさんのやり方を見てきました」“あの決断の舞台裏”を力強い言葉で語る(C)music.jp 12月17日(月)発売の週刊誌AERA12月24日号の表紙は、1月に放送される「連続ドラマW 孤高のメス」に主演する滝沢秀明さん。
巻頭インタビューでは、初めての医師役に臨む思いとともに、今年、自身が下した大きな決断について語っています。表紙とインタビューページの撮影は、本誌表紙フォトグラファーの蜷川実花です。

滝沢秀明さんは、表紙、コラム「表紙の人」のほか、この号の大特集「あの決断の舞台裏」にも登場。「連続ドラマW 孤高のメス」で演じる医師の決断になぞらえて、自身の決断を振り返っています。

滝沢さんが、年内いっぱいで表舞台から引退することを発表したのは、今年9月。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や、コンサート、舞台などのプロデュースに専念することが決まっています。インタビューでは、
「『結果を出せるのではないか』という自分への自信があるからこそ、今回のことも踏み切れたと思っています」
「僕は一番近くでジャニーさんのやり方を見てきましたから。あのやり方は絶対にこれからも続けなきゃいけないし、残していくべきもの。まだまだ勉強中ですが、僕ができることは責任を持って全部やりきろうと思っています」
と熱く語っています。そして、締めくくりの言葉は、
「自分たちで時代を作る」
史上最年少でNHK大河ドラマに主演し、「滝沢歌舞伎」で私たちを驚かせた天才エンターテイナーは、裏方に回って何を仕掛けるのでしょうか。

AERA (アエラ) 2018年12月24日号【表紙:滝沢秀明】
定価:390円(税込)
発売日:2018年12月17日

TOPICS

ランキング

ジャンル