top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

宮迫博之、動画で見せた迫真の“ブチギレドッキリ”が絶賛 高評価だった「演技力」が復帰のカギか

SmartFLASH

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が演出し、宮迫が主役となった舞台『テイラー・バートン』の稽古中に、俳優の阿部よしつぐに“ブチギレドッキリ”をしかけたのだ。

 

『宮迫ですッ!』は、所属していた吉本興業に黙って、反社会勢力のパーティに参加した“闇営業問題”により、宮迫が活動を自粛中だった2020年1月にスタート。初回の動画が600万回超えで注目された。

 

「その後、人気YouTuber・ヒカルとのコラボでさらに話題となったことで、すぐにチャンネル登録者数が100万人を超える快挙を成しとげました。しかし、最近は当初のようにバズることもなくなり、10万回再生すらいかない動画もチラホラ。突然、明石家さんまへのメッセージを発信したかと思えば、家族全員を動画に出演させるなど、迷走気味にも映ります」(週刊誌記者)

広告の後にも続きます

 

 そんな宮迫が、原点回帰とばかりに投稿した、今回のドッキリ動画。西野やお笑いコンビ・TKOの木下隆行らとともに打ち合わせしたとおり、不機嫌そうに稽古場に入ってきた宮迫が、早々に「車の鍵、開けっぱなし」とスタッフを一喝。そして、セリフ合わせで何度もやり直しをさせられたことに怒り、楽屋に戻ってしまうという筋書きだった。

 

「宮迫は、楽屋で西野と激しく口論し、阿部の前で『最初から、芸人ブッキングしたほうがよかったやんか!』とマジギレ。怒鳴りながら帰ろうとする宮迫に、稽古場は緊迫したムードとなっていました。そこで、宮迫が楽屋からドッキリのプレートを持ってネタバラシしたことで、一同は大爆笑。宮迫の迫真の演技が大反響となっています」(同前)

 

 テレビにはなかなか戻ってこられない宮迫。3月には、芸人の陣内智則が、『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で「なんとかして、俺、芸能界に戻られへんかな」と宮迫が話していたことを暴露している。

 

「かつて宮迫は、映画・ドラマなど、“役者業”にも力を入れており、その演技にはかなり高い評価を得ていました。もしかしたら、復帰のカギはそちらの道にあるのかもしれません」(同前)

 

 本当にテレビへの“復帰プラン”が動き出すかもしれない。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル