top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大谷翔平、登板日はハイになって大笑い…ドラフト同期が明かした「マウンドの裏側」

SmartFLASH

日本ハム時代の大谷

 

 年間60本ペースで本塁打を量産し、MVPも確実視される大谷翔平(29)。いまや、国民的英雄の大谷のプロ生活は、2012年のドラフトで日ハムに指名されたことに始まる。

 

 同期は計7人いたが、1位の大谷と3位で指名された鍵谷陽平(32・現巨人)を除き、あとの5人はすでにユニホームを脱いでいる。第2の人生をスタートした彼らに、間近で見た大谷の意外な横顔を明かしてもらった。

広告の後にも続きます

 

 

 現在、建築関係の会社に勤める森本龍弥さんは、2位指名だったこともあり、入団前から大谷を意識していたという。

 

「打撃練習の最初の一球を見た瞬間、『もう勝てんわ』と。プロ生活は7年ありましたが、あんな打球音は、後にも先にも翔平だけでしたから」

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル