top_line

岡田准一主演の実写映画『ザ・ファブル』に佐藤二朗が出演へ タコ社長こと田高田役で登場

SPICE

2019年公開の映画『ザ・ファブル』に、佐藤二朗が出演することがわかった。


(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会



『ザ・ファブル』は、『週刊ヤングマガジン』連載中の南勝久氏による同名漫画の実写映画化作品。ひょんなことから大阪で一般人として生活することになった“伝説の殺し屋”の、日常生活を描いた物語だ。「どんな相手も6秒以内に殺す」と言われた主人公の殺し屋・ファブルこと佐藤アキラは、岡田准一が演じる。また、アキラの相棒・ヨウコ役で木村文乃、ファブルを幼い頃から指導したボス役で佐藤浩市、アキラが初めて出会う一般人の女性ミサキ役で山本美月、アキラを狙う殺し屋・フード役で福士蒼汰が出演。そのほか、アキラと深く関わる裏社会の人間として柳楽優弥、向井理、安田顕らがキャスティングされている。

メガホンをとるのは、『めんたいぴりり』の江口カン監督。脚本を、実写『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』シリーズの渡辺雄介氏が手がける。

出演が発表された佐藤二朗が演じるのは、主人公ファブルが一般社会で佐藤アキラとなり、人生で初めてアルバイトをすることになるデザイン会社・有限会社オクトパスの社長・田高田(たこうだ)役。田高田は、面倒見の良い性格で、お酒や飲み会が大好きというキャラクター。その名前と愛嬌から、原作ファンの間では「タコ社長」として親しまれている田高田を、佐藤はどのように演じるのか。

佐藤のコメントは以下のとおり。

 

佐藤二朗

あまりの面白さに「ちょっと凄い漫画を見つけた」と周りの人に言い回ってる矢先に、今回のお話を頂いたので、何やら運命めいたものを勝手に感じております。僕が演じる田高田は、一見いい加減だけど、デザインを見る眼は確かで、社員に対する愛が深い人だと思います。そして「酒好きのオヤジ」というところはリンクどころか全く僕と同じです(笑)。岡田くん演じる佐藤アキラ(ファブル)の束の間の休息になればと思いながら演じました。他にない独特の世界観を持つ作品になると思います。ご期待を。

『ザ・ファブル』は2019年全国公開。

 

TOPICS

ランキング

ジャンル